介護保険 デイサービス

デイサービスを途中で中抜けすることはできる?

更新日:


この記事ではデイサービスを途中で中抜けすることはできるのかということについて解説しています。

介護保険サービスには要介護者が施設に通うことによって受けることができる通所型のサービスはあり、その中にデイサービス(通所介護)という介護保険サービスがあります。

このデイサービスは、施設の規模やサービスを利用する時間によってあらかじめ料金が決まっています。

では、このデイサービスは利用している途中で中抜けをすることは可能なのでしょうか?

ここではデイサービスを途中で中抜けすることはできるのかということについて解説していきますので、デイサービスの利用を検討している方などは是非この記事をご覧ください。

デイサービスとは通所型の介護サービス

介護保険と生活保護は併用できる?
デイサービスは通所型の介護サービスの1つで、介護保険においては通所介護と呼ばれています。

利用者ができる限りこれまで住み続けてきた自宅で自立した生活を送っていけるようにするため、また、利用者の心身機能の維持や孤独感の解消、介護をしている家族の介護による負担の軽減を目的としており、「居宅サービス」の1つに分類されます。

デイサービスでは、利用者は日中の一定時間施設に通うことによって食事・入浴・排泄といった介助や健康状態の確認・レクリエーション・機能訓練といったサービスを受けることが可能になっています。

デイサービスで提供されるこれらのサービスは利用する施設によってその内容が異なってきます。

食事では病院食のような食事を出す施設がある一方で、旬の食材を使用した料理を提供してくれる施設があったりします。

また、入浴では利用者ごとに個別で入浴する施設や大浴場でみんなと一緒に入浴する施設がある他、レクリエーションでは利用者全員が楽しめるように頭を使ったものから身体を動かすものまで四季折々のレクリエーションを提供してくれます。

ただ、介護保険で通所介護と呼ばれるデイサービスを利用することができるのは要介護認定において「要介護1~5」と判定された方のみであり、「要支援1・2」と判定された方が利用することができるデイサービスは介護予防通所介護と呼ばれるサービスとなります。

要介護認定において「要介護1~5」と判定された方が利用することができるデイサービス(通所介護)は、提供している施設によってサービスを利用するためにかかってくる費用が異なってくる上に利用する時間によって料金が変わってきます。

「要支援1・2」の方が利用することができるデイサービス(介護予防通所介護)は基本的に月額制となっており、契約の途中で要介護度が変更になった場合などは日割りによって計算された費用が請求されることになります。

デイサービスを中抜けして通院などはできるのか?

65歳以上の家族が扶養にいる場合被扶養者の介護保険料はどうなる?
デイサービスの所要時間は、サービスを利用する前に作成することになるケアプランに位置づけられた時間となることになります。

では、本来デイサービスを利用している時間にデイサービスを提供している介護施設を抜け出して病院などへ行くことは可能なのでしょうか?

中抜け後はデイサービスを利用できない

基本的にデイサービスのサービスを提供されている途中に、そのサービスを中断して他の行為を行うことは想定されていませんので、個人の理由で中抜けをしてしまうと、そのデイサービスは終了したものと見なされるため、もう一度施設に戻ってきてデイサービスのサービスを受けることはできないということになっています。

通院などの個人的な理由で中抜けは認められていない

通所リハビリの月の利用時間の上限
先程の項目でも申しあげたように、デイサービスではサービスの提供を行っている最中に、そのサービスを中断して他の行為を行うということは想定されていないため、中抜けをした時点で該当サービスは終了したと見なされてしまいます。

このため、デイサービスではサービスの提供時間中は通院などを始めとする個人的な理由によっての基本的に中抜けは行うことができなくなっています。

ただ、サービスの提供途中に体調を崩したといった身体的な理由などはこの限りではありません。

中抜けをしてもサービスを十分受けていたら通常通りの請求

要支援の料金は?介護保険を利用したデイサービス
デイサービスのサービス提供途中に中抜けをした場合ですが、この場合サービスを十分受けていたら通常通りの請求がくることになります。

ある利用者が7時間以上9時間未満デイサービスを利用するケアプランを作成し、デイサービスを利用していたとします。

しかし当日に体調が優れず、サービスの利用を開始してから6時間でデイサービスを切り上げたとします。

この場合、本来利用することになっている7時間以上9時間未満には該当しませんが、十分にデイサービスのサービスを受けていると見なされ、サービス自体は6時間しか受けていませんが、ケアプランによって予定されていた7時間以上9時間未満の費用がかかってくる場合があります。

ただ、その利用者の経済状況や介護をすることができる家族の有無などを判断し、利用者の負担軽減の観点から、本来7時間以上9時間未満分の費用を請求するところが5時間以上7時間未満分の費用の請求に軽減される場合もあります。

例外として緊急の場合や理美容サービスを受ける場合はOK

デイサービスの利用内容
基本的には中抜けが認められていないデイサービスですが、例外として提供されているサービスを中断して中抜けをすることが認められるケースもあります。

まずはデイサービスを利用している最中に利用者の容態が急変して救急搬送されたといったケースです。

このような場合にはもちろん提供されているサービスを切り上げることが可能になっており、この際にかかってくるデイサービスの費用は実際に施設にてデイサービスを受けていた時間を合計して算定されます。

また、デイサービスのサービスが提供されている最中に理美容サービスを受けるというケースにも中抜けが認められます。

基本的に理美容サービスは介護保険における通所サービスには含まれていませんが、デイサービスを提供している施設などにおいて利用者の自己負担によって理美容サービスを受けることは制限されていません。

このケースも請求されることになる費用は実際に施設にてデイサービスを受けていた時間を合計して算定されることになります。

まとめ

被保険者が65歳以上でも配偶者の医療保険は変更されない
ここまでデイサービスを途中で中抜けすることはできるのかということについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

介護保険制度には施設に通ってサービスの提供を受けるデイサービス(通所介護)という通所型の介護保険サービスがありますが、解説してきたように基本的にデイサービスではサービスの提供中にサービスを中断して中抜けすることは認められていません。

これはデイサービスではサービスの提供を行っている最中に、そのサービスを中断して個人的な理由によっての中抜けを行うということは想定されていないため、中抜けをした時点で該当サービスは終了したと見なされてしまうためです。

ただ、デイサービスの提供を受けている最中に利用者の容態が急変したというような緊急を要する場合や理美容サービスを受けるための中抜けは認められています。

また、中抜けが認められているケースでの支払いは、実際に施設にてデイサービスを受けていた時間を合計して算定されるため、通常通りの料金を支払う必要はありませんので安心してください。

-介護保険, デイサービス

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.