住宅改修

介護保険の住宅改修のギモン!エアコンの取替え・取り付けは対象?

更新日:

食事や入浴も利用できる!介護保険を利用したデイサービスについて
この記事では介護保険を利用した住宅改修においてエアコンの取替え・取り付けに関する工事は対象となるのかということについて解説しています。

在宅での介護を行うには、自宅を介護に適した環境にする必要がありますが、介護保険ではその介護に適した環境にするための費用を一部負担してくれるという介護保険サービスがあり、その介護保険サービスのことを住宅改修といいます。

では、この住宅改修を利用して要介護者のためにエアコンの取替え・取り付けに関する工事を行うことはできるのでしょうか?

ここでは介護保険を利用した住宅改修においてエアコンの取替え・取り付けに関する工事は対象となるのかということについて解説していきますので、エアコンに関する工事が対象なのかが知りたいという方は是非ご覧ください。

介護保険の住宅改修の意義

介護保険を利用して使えるサービスとは
住宅改修とは要介護認定において「要支援1・2」又は「要介護1~5」と認定された方が利用することができる介護保険サービスです。

住宅の不便なところを改修するためにかかる費用を支給することによって、利用者が自立した生活を送れるように、そして、介護を行っている方の介護による負担を軽減するということを目的としており、これが住宅改修を大きな意義とも言えます。

要介護度に関わらず支給限度額を20万円として、住宅改修にかかった費用の9割が介護保険から支給されますが、原則として一生涯で20万円が一度しか支給されません。

また、住宅改修を行うことができるのは利用者が住所地として指定している住居のみとなり、別荘や一時的に身を寄せている子供・親族の家などは対象とはなりません。

このため、引っ越しを行った際には忘れずに住所地変更の申請を行う必要があります。

また、住宅改修には事前申請が必要になっており、利用者の心身状態などについて検討した上で、住宅改修を行うことによって期待することができる効果等について考える必要がありますので、住宅改修を行う際には担当のケアマネージャーに相談する必要があります。

エアコンの取替え・取り付けについて

まとめ
住宅改修とはどのようなリフォームでも行うことができるというものではなく、介護に関する改修でなければ住宅改修費は支給されません。

ただ、そのリフォームが介護のためなのか、そうでないのかは判断が難しくなっているため、住宅改修では介護保険の給付対象となるリフォームが以下のように細かく定められています。

[介護保険の給付対象となる住宅改修]

  • 手すりの取り付け(玄関・廊下・階段・浴室・トイレなどに設置するもので、取り付けに工事を伴うもののみが対象)
  • 段差や傾斜の解消(玄関・廊下・浴室・トイレなどの室間の段差や傾斜の解消)
  • 滑り防止・移動の円滑化を目的とした床材の変更(車いすでは移動しにくい畳や滑りやすい床を固い床材やフローリングなどに変更)
  • 開き戸から引き戸への変更や扉の撤去(アコーディオンカーテンへの取り替えやドアノブの変更・戸車の設置なども対象となる)
  • 和式便器から洋式便器への変更(和式から洋式への変更のみ対応)
  • その他これらの工事に付帯して必要となる工事(手すりの取り付けに伴う下地補強、床の段差解消に伴う給排水設備の工事など)

以上に記載した6つの工事が住宅改修の対象となっていますが、この項目のタイトルとなっている「エアコンの取替え・取り付け」は含まれておりません。

このため、エアコンの取替え・取り付けにかかる費用については介護保険の給付対象にはならず、自己負担にて行う必要があります。

自費で取り付ける場合

気になる介護保険を利用したデイサービスの自己負担額
先ほどの項目で解説したように、「エアコンの取替え・取り付け」は住宅改修の対象とはならず、エアコンを取り付ける場合には自己負担で行う必要があります。

エアコンを取り付けるには、まずエアコンを購入することになりますが、家電量販店、ネットショッピング、街の電気屋さんなど様々な購入先があるため、どこで購入すれば良いのか悩まれる方もいるかと思います。

ここではそれぞれで購入する際のメリット・デメリットについて解説していきますので、購入する際の参考にして頂ければと思います。

その① 家電量販店で購入するメリット・デメリット

家電量販店で購入するメリット・デメリットは以下の通りです。

[メリット]

①専門スタッフによる商品説明を受けることができる
家電量販店で購入する際の最大のメリットが商品説明を受けることができることです。

ネットなどではその商品に関する口コミなどを見ることもできますが、嘘の口コミなどもあるためあまり当てになりません。

②延長保証がある
エアコンを始めとする大型家電には、どの家電量販店でも延長保証が無料で付いてきます。

ネットで購入する場合は延長保証が有料となりますので、家電量販店の方がお得となります。

③実物を見ることができる
家電量販店で購入する場合は実際の店舗に押しを運ぶことになりますので、実際の商品を自分の目で見て決めることができます。

[デメリット]

①価格が高い
家電量販店では、店の利益を上げるために商品をできるだけ高く売ろうとします。

そのため、ネットショッピングなどと比べて割高になってしまい、ネット価格に近づけるためには値引き交渉を行わなければならなくなります。

②最安値を探す場合には数店舗を回る必要がある
これと決めた商品を最安値で購入するためには、その商品をどこの店が一番安く売ってくれるのかを確かめるためにいくつかの店舗を回らなければならなくなります。

その② ネットショッピングで購入するメリット・デメリット

ネットショッピングで購入するメリット・デメリットは以下の通りです。

[メリット]

①家電量販店より価格が安い
ネットショッピングでは人件費などが発生しない分、家電量販店に比べて安く購入することができるようになっており、家電量販店のように値引き交渉をしなくても最安値で購入することができます。

②激安の型落ち品などが多い
家電量販店であれば、型落ちの激安商品を探すためには店舗をはしごしなくてはなりませんが、ネットショッピングであれば短時間で目当ての激安商品を探し出すことができます。

③自宅で全て完結する
ネットショッピングの場合はパソコンやスマホといったネットにつながるものさえあれば自宅で商品を探して購入するところまで全てが完結します。

このため、家電量販店で購入する際のように店員の売りたいものを買わされるということがなく、自分自身でじっくりと商品の選択を行うことができます。

[デメリット]

①実物を見ることができない
ネットショッピングでの購入は実店舗で購入する場合と違って商品の実物を見て選ぶわけではありませんので、届いた商品を見て思っていたのと違うということが起こる場合があります。

②取り付け工事費が別
家電量販店などでエアコンを購入する際には、その商品の価格に工事費が含まれているため、別に費用がかかってくることはないことが多いです。

しかし、ネットショッピングでの購入の場合はエアコン本体のみの価格となっているため、工事費が別にかかってきます。

その③ 街の電気屋さんで購入するメリット・デメリット

街の電気屋さんで購入するメリット・デメリットは以下の通りです。

[メリット]

①商品に関する説明を詳しく行ってくれる
街の電気屋さんでエアコンなどの家電製品を購入すると設置まで行ってくれる他、設置の際にその商品に関する詳しい説明を行ってくれます。

このようなサービスは家電量販店やネットショッピングでの購入した際には受けることができないサービスとなっており、高齢者などとっては大きなメリットとなります。

②故障した時にはすぐに駆けつけてきてくれる
街の電気屋さんで家電製品を購入すると、その商品が故障してしまったときにはすぐに駆けつけてきてくれ、故障の原因を探し出して修理まで行ってくれます。

家電量販店での購入した場合はメーカーに送り返す取り次ぎをするだけであり、修理代も高くなってしまいますが、街の電気屋さんの場合は部品代程度で修理してくれるところもあります。

[デメリット]

①商品の価格が高い
価格競争が激しくなっている昨今でも、街の電気屋さんに置かれている電化製品は家電量販店やネットなどと比べても高額な値札が付いています。

ただ、この値段にはメリットの項目で解説したようなサービスに関する費用も含まれており、購入に関する費用は高くなりますがトータルでは安く付く場合もあります。

その④ エアコンの相場

エアコンの購入を検討する際に気になってくるのがエアコンの値段です。

ただ、エアコンの価格というのはエアコンに付いている機能、エアコンの性能などによって変わってきますので一概には言えませんが、6畳用のエアコンであれば35,000~65,000円程度が相場となってきます。

また、エアコンを購入すると取り付けに関する費用もかかってくることになりますが、標準取り付け費用の相場は12,000~15,000円程度となっており、こちらは一般の工事業者でも家電量販店でも代わりはありません。

まとめ


ここまで介護保険を利用した住宅改修においてエアコンの取替え・取り付けに関する工事は対象となるのかということについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

解説してきたようにエアコンの取替え・取り付けに関する工事は住宅改修の対象ではなく介護保険の給付を受けることができませんので、取り付けの際には全額自己負担で行わなければならないことになります。

この記事では家電量販店、ネットショッピング、街の電気屋さんで購入した場合のメリット・デメリットについても解説してきましたが、是非この記事を参考にしていただいて自分はどの販売店で購入するのがいいのかを検討していただければと思います。

-住宅改修

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.