介護保険 住宅改修

介護保険の住宅改修のギモンを解決!玄関から道路の改修は対象?

投稿日:

リハビリには通所型と訪問型がある

この記事では介護保険を利用した住宅改修におけるギモンの1つとなっている玄関から道路の改修について、この工事は住宅改修の対象となるのかということについて解説しています。

介護保険には、高齢者が安全に生活することができるように自宅の環境を整備するための費用の一部を介護保険によってまかなってくれる住宅改修という介護保険サービスがあります。

ただ、この住宅改修ですが介護保険の給付対象となる工事が細かく定められており、対象とならない工事である場合は全て自己負担となってしまいます。

ただ、住宅改修という名前であるため玄関から道路の改修は対象となるのか疑問に思われている方も多いでしょう。

ここでは介護保険を利用した住宅改修におけるギモンの1つとなっている玄関から道路の改修について、この工事は住宅改修の対象となるのかということについて解説していきますので、興味のある方は是非ご覧ください。

介護保険の住宅改修の意義とは

住宅改修でユニットバスをつけた場合は介護保険が適用されます!
介護保険には住宅改修という介護保険サービスがあります。

高齢者の多くはこれまで住み続けてきた自宅で一生暮らし続けたいと考えていますが、人は歳を重ねるごとに身体機能が低下していきますので、若い頃は普通に生活することができていた自宅であっても家の構造自体が身体機能が低下した高齢者に適合しなくなり、自宅で一生暮らし続けたいといる思いを妨げてしまっている場合があります。

このような家を高齢者の身体状況に合わせて改修し、高齢者が安全に暮らすことができるようにすることを目的としているのが住宅改修なのです。

この住宅改修ですが、介護保険の要介護認定において「要支援1・2」又は「要介護1~5」と判定された方が利用することができるようになっており、判定された要介護度にかかわらず支給限度額を20万円として、住宅改修にかかった費用の9割(所得に応じて7~8割)が介護保険から支給されます。

介護保険サービスというと訪問介護や通所介護というような身体的なサポートを行ってくれるものをイメージするものであり、なぜ住宅の改修費が支給されるのかと疑問に思われる方もいるでしょう。

実は、介護保険の目指しているものの1つとして介護費用の負担を軽減するというものがあります。

老人ホームというような介護施設は介護費用が多くかかってきますが、高齢者の身体状況に合わせて不便なところを改修するためにかかる費用を支給することによって自宅で自立した生活を送れるようになればそのぶん介護費用の負担を軽減することが可能になります。

このようなことからも住宅改修には大きな意味があるといえます。

住宅改修の対象について


介護保険を利用しての住宅改修ですが、どのような工事でも介護保険の給付対象となるわけではありません。

以下に記載する6つの工事のみが介護保険を利用した住宅改修の対象となると定められており、それ以外の工事は給付の対象外となります。

① 手すりの取り付け

玄関・玄関から道路までの通路・廊下・トイレ・浴室などに転倒の防止や移動・移乗の動作を補助するということを目的として手すりを取り付ける工事です。
ただ、「福祉用具貸与」の手すりに該当するものは住宅改修の対象外となります。

② 段差の解消

玄関・玄関から道路までの通路・廊下・トイレ・浴室・居室・ベランダなどにある段差を解消するために行う工事で、敷居を低くしたり、スロープを設置したり、浴室・ベランダなどの床をかさ上げするような工事がこの対象となります。
ただ、リフト、昇降機、段差解消機というような動力によって段差を解消する危機を設置するための工事は対象外となります。

③ 移動の円滑化や滑り防止のための床・通路面の材料変更

居室における畳敷きから板製床材への変更やビニル系床材等への変更、また、浴室の床材を滑りにくいものへ変更するというような工事です。
屋内の通路は生活動線の範囲であれば対象となり、屋外の通路に関しては滑りにくい舗装材への変更というような工事が対象となります。

④ 扉の取り替え

開き戸から引き戸・折り戸・アコーディオンカーテンなどに取り替えるという工事で、扉の取り替えだけではなく、戸車の設置やドアノブの変更も含まれます。
ただ、自動ドアに関しては同僚部分にかかった費用相当額は介護保険の給付対象とはなりません。

⑤ 便器の取り替え

和式便器を洋式便器に取り替える工事で、既存の洋式便器を立ちあがり動作を行いやすい洋式便器に取り替える工事などが対象となります。
ただ、便器が既に洋式便器である場合は暖房便座や洗浄機能付きの便座に取り替えることはできません。

⑥ その他、①~⑤の住宅改修に付帯して必要な工事

①~⑤の住宅改修に付帯して必要となる工事は介護保険の給付対象になり、手すりを取り付けるための壁の下地の補強や便器の取り替えに伴う給排水設備に関する工事などがこれにあたります。

玄関から道路の改修(手すりの取り付けについて)

介護保険で住宅改修を!ユニットバスは介護保険が適用される?
身体機能が低下している高齢者の方などは、玄関を出てから道路に出るまでの短い距離であっても支えがないと転倒の危険が出てきますので手すりの取り付けを検討することになりますが、玄関から道路までの手すりの設置は住宅改修の対象となりますので介護保険を利用することが可能になっています。

主に取り付け工事の事例として多いのが、「家の外壁に手すりを取り付ける工事」と「道路までの外部通路に手すりを取り付ける工事」であり、どちらも利用者にとって必要な生活上の動線であるため支給対象となります。

ただ、門扉から水路に架かる橋については敷地外と見なされるため支給の対象外となります。

玄関から道路の改修(段差の解消について)

デイサービスとは
身体機能が低下している高齢者の方などは、玄関を出てから道路に出るまでのわずかな段差であってもつまずきやすくなっているため転倒の危険性が出てくる他、道路までに階段がある場合などは転落の危険性も出てきます。

このため、これらの段差を解消することが必要になってきますが、玄関から道路までの段差の解消は住宅改修の対象となりますので介護保険を利用することが可能になっています。

主に段差解消の工事の事例として多いのが、「外部通路のコンクリート舗装」と「コンクリートスロープの設置」であり、介護保険を利用しての回収が可能になっています。

ただ、介護保険の給付対象となるのはあくまで敷地内での段差解消であり、敷地と道路の間にある段差を解消するためのスロープの設置などは、道路は敷地内と認められないので支給対象外となりますので注意が必要です。

まとめ

控除を受けるまでの流れ
ここまで介護保険を利用した住宅改修におけるギモンの1つとなっている玄関から道路の改修について、この工事は住宅改修の対象となるのかということについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

解説してきたように介護保険では高齢者の自宅を安全の生活を送ることができるように改修し、自宅で暮らし続けたいという高齢者の望みを叶えるための住宅改修という介護保険サービスがあります。

ただ、住宅改修の対象となる工事は細かく定められており、それらの工事以外では介護保険の給付対象にはなりません。

この記事では玄関から道路までの改修について解説してきましたが、敷地内であり、なおかつ生活に必要な動線である場合は住宅改修の対象となりますが、それ以外の場合は対象となりませんので注意が必要です。

-介護保険, 住宅改修

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.