介護保険 住宅改修

介護保険の住宅改修で畳からフリーリングに変更できる?変更理由に注意!

投稿日:

まとめ
この記事では介護保険を利用した住宅改修によって畳からフリーリングに変更することは可能なのかということについて解説しています。

介護保険には様々な介護保険サービスがありますが、その中に住宅改修という高齢者が自宅で安全に暮らすことができるように、自宅の環境を整備する費用の一部を介護保険が負担するというものがあります。

身体機能が低下している方などは日常的に車椅子が必要になってきますが、部屋が畳であると車椅子での移動がしづらくなってしまいます。

このような方は、自宅の床を畳から車椅子でも移動しやすいフローリングに変更したいと考えると思うのですが、床材の変更は住宅改修の対象となるのでしょうか?

ここでは介護保険を利用した住宅改修によって畳からフリーリングに変更することは可能なのかということについて解説していきますので、床材の変更を検討されている方などは是非ご覧ください。

住宅改修で床材の変更は対象になる?


人は歳を重ねるごとに身体機能が低下していきますが、身体機能が低下した高齢者というのは足腰が弱くなっているため、すり足気味で歩くことが多くなります。

すり足気味での歩行は足が十分に上がっていないというような理由によって、滑って転倒することも多くなっています。

このような理由による転倒事故を防ぐためには床材を滑りにくいものに変更するということが有効となっていますが、住宅改修で床材の変更は対象になるのでしょうか?

介護保険では、要介護認定において「要支援1・2」または「要介護1~5」と認定された方は介護保険を利用しての住宅改修を行うことが可能になっています。

要介護度(要介護状態区分)にかかわらず、支給限度額を20万円として住宅改修にかかった費用の9割(所得に応じて7~8割)が介護保険から支給されることになっています。

住宅改修の対象となるのは以下に記載する6つの工事のみであり、この6つの工事以外は住宅改修の対象とならないため介護保険の給付を受けることができません。

[住宅改修の対象となる6つの工事]

① 手すりの取り付け(玄関・廊下・階段・浴室・トイレなどに設置するもので、取り付けに工事を伴うもの)
② 段差や傾斜の解消(玄関・廊下・浴室・トイレなどの室間の段差や傾斜の解消)
③ 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の床材の変更(車いすでは移動しにくい畳や滑りやすい床を固い床材やフローリングなどに変更)
④ 開き戸から引き戸への変更や扉の撤去(アコーディオンカーテンへの取り替えやドアノブの変更・戸車の設置なども対象)
⑤ 和式便器から洋式便器への変更(和式から洋式への変更のみ対応)
⑥ その他①~⑤の工事に付帯して必要となる工事

床材の変更は6つの工事の内の「滑り防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の床材の変更」に該当するため、住宅改修の対象になり、介護保険の給付を受けることが可能になっています。

ただ、支給上限額の20万円は一生涯に一度きりの支給となるため、全て使い切ってしまうとそれ以降の住宅改修にかかる費用は全て自己負担となります。

しかし、要介護度が3段階以上重くなった場合や住宅改修を行った住居から別の住居へ転居した場合にのみ、再度20万円の支給上限額が設定されることになっていますので、要介護度の低い内に住宅改修を行うことはお得な使い方ともいえます。

床材変更の種類

要支援認定を受けるには
先程の項目で解説したように床材の変更は住宅改修の対象となり、介護医保険を利用することが可能になっており、改修の事例として多いのが以下に記載している3つの工事です。

その① 畳からビニール材へ変更

床材変更の理由として最も多いのが、居室の床を畳からビニール系床材(クッション)やフローリングに変更するという工事です。

自分自身での歩行が困難である方は日常的に車椅子を利用することになりますが、床が畳敷きであったりカーペットであったりすると車椅子の操作を容易に行うことができず、生活範囲を狭めてしまうということにもなりかねません。

しかし、床材をクッションフロアやフローリングに変更することによって、畳敷きの場合と比べてタイヤとの抵抗も少なくなりますので車椅子の操作が容易になります。

その② 浴室の床材を滑りにくい材質に変更

従来の浴室というのはデザイン性を重視する反面、非常に滑りやすい場所となっており、身体機能が低下している高齢者の方などはバランスを取りづらくなっているので転倒の危険が非常に高くなっています。

このため、浴室の床材を水はけのいい滑りにくい材質に変更することによって浴室で滑って転倒することを防ぐことができ、高齢者でも安心して入浴を行うことが可能になっています。

その③ 通路の床を舗装材へ変更

身体機能が低下している高齢者はわずかな段差であってもつまずきやすくなっており、屋外の砂利道などを歩行する際にも転倒の危険が伴います。

このような場合には移動の円滑化を目的として床材変更を行うことが可能になっており、コンクリート舗装することによって車椅子でもスムーズに移動することが可能になります。

床材変更の理由に注意!


住宅改修を行う際には事前申請というものを行わなければいけないと定められており、その申請の際には申請書等の他に理由書という「なぜ住宅改修を行わなければならないのか」という理由を記載した書類を提出しなければなりません。

このため、床材の変更を行う際にも理由書の提出が必要になってきますが、住宅改修の対象となるのは「滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の床材の変更」となっており、場合によっては住宅改修が認められないこともあります。

その① 床材変更が認められる理由

床材変更が認められるのは以下のような理由です。

  • 車椅子での移動を容易にするために畳敷きからフローリングやクッションフロアに変更する
  • 浴室での転倒を簿婦視するため、浴室の床を滑りにくいものに変更する
  • 滑って転落することを防ぐために、階段に滑り防止の素材を取り付ける

その② 床材変更が認められない理由

一方で、床材変更が認められないのは以下のような理由です。

  • 畳が古くなったり、汚れたりしたためフローリングに変更したい
  • 畳敷きの部屋にベッドを置きたいのでフローリングに変更したい
  • 浴室や浴槽の床に、ただ単に滑り止め防止のマットを敷く

上2つはそもそも「滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の床材の変更」に該当しませんので住宅改修が認められず、3つ目の理由は工事が伴わないので住宅改修の対象とはなりません。

まとめ

まとめ
ここまで介護保険を利用した住宅改修によって畳からフリーリングに変更することは可能なのかということについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

解説してきたように床材の変更は住宅改修の対象となりますので、介護保険による給付を受けることが可能になっています。

しかし、あくまで「滑りの防止及び移動の円滑化等のため」の改修しか介護保険の給付対象にはなりません。

「畳が古くなったからフローリングに変更したい」「使い勝手のいいフローリングに変更したい」というような理由では介護保険を利用した住宅改修を行うことはできず、それでも変更したいという場合は全額自己負担で行うしかありませんので、その点については覚えておく必要があります。

-介護保険, 住宅改修

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.