介護保険 住宅改修

介護保険の住宅改修のギモン!施設からの一時帰宅は対象になる?

投稿日:

介護保険と生活保護は年齢によって併用できる
この記事では介護保険を利用した住宅改修における疑問の1つである施設利用中の住宅改修について、また、施設からの一時帰宅は対象になるのかということについて解説しています。

住宅改修とは、高齢者の自宅を高齢者が安全に暮らすことができるような環境に整備するための費用の一部を介護保険にてまかなうというものですが、基本的に自宅に住んでいる状態で不便な箇所の改修を行うものですが、介護施設に入所している最中に行うことは可能なのでしょうか?

ここでは介護保険を利用した住宅改修における疑問の1つである施設利用中の住宅改修について、また、施設からの一時帰宅は対象になるのかということについて解説していきますので、介護施設などに入所しているが自宅の住宅改修を行いたいと考えている方などは是非この記事を参考にしてみてください。

住宅改修が認められる条件

介護保険と生活保護は併用できる?
介護保険を利用した住宅改修ですが、前提条件として要介護認定において「要支援1・2」または「要介護1~5」と認定されている必要があります。

要介護認定を受けていれば、その要介護度に関わらず、支給上限額を20万円として住宅改修を行う際にかかった費用の9割(所得に応じて7~8割)が介護保険から支給されることになっています。

つまり、自己負担割合が1割の方は18万円まで、2割負担の方は16万円まで、3割負担の方は14万円までの支給が受けられるということです。

ただ、この20万円は一生涯に一度の給付となっており、使い切ってしまうと基本的にはそれ以降に行う住宅改修は全て自己負担となりますので注意が必要です。

また、住宅改修といっても何でもかんでもリフォームすることができるというものではなく、以下に記載する6つの工事のみが介護保険を利用した住宅改修の対象となると定められており、それ以外のリフォームは介護保険の給付対象外となります。

[住宅改修の対象範囲]

① 手すりの取り付け

玄関・玄関から道路までの通路・廊下・トイレ・浴室などに転倒の防止や移動を補助するということを目的として手すりを取り付ける工事が対象となります。

② 段差の解消

玄関・玄関から道路までの通路・廊下・トイレ・浴室・居室・ベランダなどの段差を解消するために行う工事で、スロープを設置したり、敷居を低くしたり、浴室やベランダなどの床をかさ上げするような工事がこの対象となります。

③ 移動の円滑化や滑り防止のための床・通路面の材料変更

浴室の床を滑りにくい材質のものに変更したり、居室の畳を板張り・ビニール系の床材に変更したりするという工事や、通路面の素材を滑りにくい舗装材に変更するというような工事です。

④ 扉の取り替え

開き戸から引き戸・折り戸・アコーディオンカーテンなどに取り替えるという工事が対象となっており、扉の取り替えだけではなく戸車の設置やドアノブの変更も含まれます。

⑤ 便器の取り替え

和式便器から洋式便器に取り替える工事が対象となります。

⑥ その他、①~⑤の住宅改修に付帯して必要な工事

①~⑤の住宅改修に付帯して必要となる工事は介護保険の給付対象になります。手すりを取り付けるための壁の下地の補強、床材を変更するための下地の補強などがあり、行うことになる住宅改修の種類によって付帯工事の内容も変化します。

施設利用中の住宅改修について


ここまで住宅改修の対象になる方や介護保険の給付対象となる工事について解説してきましたが、介護施設を利用している方などは住宅改修を行うことはできるのでしょうか?

その① 施設入所中の一時帰宅は対象になる?

介護施設に入所しており、一時的に施設から自宅に帰宅して外泊することがあるので住宅改修を行いたいが、介護保険の給付対象となるのかということですが、こちらは住宅改修の対象とはなりません。

介護施設に入所している場合、例え一時帰宅を利用して外泊するといっても生活の拠点は入所している介護施設にありますので、外泊時でも在宅サービスは算定できませんので、介護保険を利用した住宅改修を行うことはできません。

その② ロングショートの場合の一時帰宅は対象になる?

介護保険サービスにはショートステイ(短期入所生活介護)というものがあり、短期間介護施設に宿泊することができます。

このショートステイにおいて介護施設を利用している際には、自宅の住宅改修を行うことは可能になります。

しかし、ロングショート(短期入所の認定有効期間の概ね半数を超過した状態)となると、一時的に施設から自宅に帰宅して外泊することがあっても住宅改修において介護保険の給付を受けることは現実的に難しくなっています。

入院や入所中の住宅改修について

リハビリの回数は単位で決まる
先程の項目では介護施設を利用している際の一時帰宅で住宅改修を行うことができるのかということについて解説してきました。

ここでは入院や入所中の介護保険を利用した利用した住宅改修について解説していきます。

その① 入院中に在宅に戻る事が決まった場合対象になる?

入院中は住宅改修費の支給が行われることはありますが、退院後に済むことになる自宅をあらかじめ改修しておくことも必要であると考えられるため、病院に入院しているが退院することが決まっている場合は事前に保険者に確認した上で住宅改修を行うことが可能になっています。

ただ、住宅改修では原則として住宅改修にかかった費用の支払いは償還払いとなっていますので、住宅改修にかかった費用を一旦利用者が全額負担し、利用者が退院した後に市町村の窓口にて申請を行うことによって介護給付を受けるということになります。

このため、入院中に自宅の住宅改修をしても退院する時期が延びたり、そもそも退院できなくなったりした場合には介護保険給付の対象外となるため、住宅改修にかかった費用は全額自己負担となります。

また、住宅改修にかかった費用の支払い方法には償還払いの他に受領委任払いという支払い方法もありますが、こちらの支払い方法は入院中や入所中などでは利用することができ真千野で注意してください。

その② 施設入所中に在宅復帰が決まった場合対象になる?

病院に入院していて退院が決まっている場合と同様に、介護施設に入所しており退去が決まっている場合も事前に保険者に確認した上で住宅改修を行うことが可能になっています。

また、入院の場合と同様に介護施設から退去する時期がずれたりしてしまうと、保険者からの介護給付を受けることができず、全額自己負担という形になってしまうので注意が必要です。

まとめ

第二号被保険者で指定の特定疾病にかかった場合
ここまで介護保険を利用した住宅改修における疑問の1つである施設利用中の住宅改修について、また、施設からの一時帰宅は対象になるのかということについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

解説してきたように施設からの一時帰宅は生活の拠点が施設となるため住宅改修は認められませんが、入院や入所中の住宅改修については退院・退去時期が決まっている場合にのみ事前に保険者に確認した上で住宅改修を行うことが可能になっています。

ただ、入院中の住宅改修については注意すべき点もあり、本人が不在のなか動作確認なしで工事を行うことになるのでことになるので取り付けが合わないことが出てくるということです。

このため、取り付けた手すりや取り替えた扉が要介護者に合わないということを防ぐためにも、住宅改修を行う事業者と可能な限り連絡を取り合うことが重要になります。

-介護保険, 住宅改修

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.