介護保険 住宅改修

教えて介護保険の住宅改修工事!見積書の書き方は?書式はあるの?

投稿日:

ポータブルトイレの選び方
この記事では介護保険を利用した住宅改修の事前申請において必要になってくる見積書には書式はあるのかということについて解説しています。

住宅改修は、高齢者の自宅を高齢者が安全に暮らすことができるような環境に整備するための工事にかかった費用の一部を支給するという介護保険サービスです。

この住宅改修において介護保険による支給を受けるためには事前の申請が必要になっており、事前申請を行わないと全額自己負担となる場合があります。

この事前申請ですが、申請には様々な書類が必要になり、その中には見積書というものがあります。

この見積書は事前紳士に必要な書類の中でも重要なものとなっていますが、書式などはあるのでしょうか?

ここでは介護保険を利用した住宅改修の事前申請において必要になってくる見積書には書式はあるのかということについて解説していきますので、興味のある方は是非ご覧ください。

介護保険の住宅改修工事に必要な見積書とは

病院付き添いは外出介助として介護保険を利用できる
介護保険を利用した住宅改修を行うためには、お住まいの市町村の担当窓口にて事前申請を行う必要があり、事前申請を行わずに実施した住宅改修は介護保険の給付対象とはなりません。

この事前申請には様々な書類が必要になってきますが、その中の1つに見積書というものがあります。

そもそも、なぜ事前申請を行わなければならないのかと疑問に思われる方もいるでしょうが、介護保険というのは公的な制度であるため適切な運営を行わなければなりません。

適切な運営を行うために、事前申請によって保険者がその住宅改修の必要性の有無を検討し、費用を給付することが妥当かどうかを判定することになっており、その妥当性を判断するために見積書が必要になってきます。

この見積書ですが、介護保険法において項目が定められており、作成時には以下のような点に注意する必要があります。

① 見積書の宛名は被保険者本人でなければならない
② 見積書には見積もりを行った当日の日付を記載しなければならない
③ 見積書には住宅改修を行う事業者の印鑑を押印しなければならない
④ 住宅改修を行う箇所や改修方法(住宅改修の種類)を記載しなければならない
⑤ 住宅改修費の支給対象である工事と支給対象外である工事を同時に行うことは可能になっているが、その場合は支給対象になる部分とならない部分を区別して見積書に記載しなければならない

また、住宅改修では他の介護保険サービスのように事業者の指定というものはありませんので、どのような建築会社・工務店・リフォーム会社でも行うことができるようになっていますが、見積書の必要項目が満たされているのかをしっかりと確認する必要があります。

見積書に不備があると介護保険の利用が認められない場合があります。

住宅改修工事の見積書に記入する内容について

本人以外で介護保険を申請できる人とは
住宅改修工事の見積書に記入する内容は主に以下のようなものとなっています。見積書に記載する費用等については工事一式と記載するのではなく、材料費・施工費・諸経費等は明確に記載しなければなりませんので注意して下さい。

① 住宅改修を行う場所(マンションの名前等、住所を記載する)
② 住宅改修の工事を行う事業者名
③ 住宅改修を行う箇所
④ 住宅改修の種類(手すりの取り付け、段差解消、床材の変更、扉の取り替え、便器の取り替え、その他5つの工事に付帯して必要となる工事)
⑤ 住宅改修において使用する材料の内容(メーカー、品番、数量、単価、単位等)
⑥ ⑤で記載したものの中で介護保険の対象となる部分の数量、単位、金額等

工事の場所毎に記入が必要な事項

介護保険の第二号被保険者とは
見積書には住宅改修において使用する材料の内容について記載しなければならないことになっていますが、工事箇所ごとに材料費、施工費、諸経費、消費税等の内訳の記入が必要になってきます。

また、材料費についてですが、商品名、メーカー名の他、品番、単価、数量等を明確に記載する必要があります。

住宅改修においてメーカー品を使用する際には、その材料の寸法・仕様などが分かるようにカタログの写し等を添付する必要があり、添付したカタログの該当する材料には印などをつけてわかりやすくしておくようにしましょう。

住宅改修の対象となる工事と同時に住宅改修の対象とはならない工事を行った場合には、介護保険の支給対象となる部分の特定し、介護保険の支給対象となる費用を明確に区別して見積書を作成する必要があります。

また、工事を複数行う場合には、改修の種類や改修箇所ごとに介護保険の支給対象となる費用を算出し、見積書の「改修費用予定額」という欄に合計額を記載するようにしてください。

書式の入手方法


この見積書の書式ですがPDFである必要はなく、原則としてお住まいの市町村が指定している書式を使用するようにしてください。

お住まいの市町村が指定している書式ではなく住宅改修を行う事業者の独自の形式でも受付はされますが、必要事項が記載されていない場合などは再度提出を求められることがあります。

このため、必要事項などについて不明な点がある場合は、事前にお住まいの市町村のホームページなどで確認するようにしてください。

住宅改修で見積書以外で必要になるもの

入院中に住宅改修をする場合の注意点
ここまで介護保険を利用した住宅改修を行うための事前申請で必要になってくる見積書について解説してきましたが、事前申請に必要になってくるものは見積書だけではありません。

介護保険を利用した住宅改修で見積書以外で必要になるものは以下の通りです。

① 住宅改修費支給申請書
② 住宅改修が必要な理由書(担当のケアマネージャーや福祉住環境コーディネーター2級以上の資格を有している方に作成を依頼する)
③ 住宅改修を行う前の状況が分かる写真(住宅改修後の完成予定の状況が分かるように作成する)
④ 住宅改修の予定状況を記した図面
⑤ 介護保険被保険者証
⑥ 住宅改修を行うことについての承諾書(住宅改修を行う住居の所有者が被保険者本人でない場合のみ)

また、介護保険を利用した住宅改修においては事前申請が必要になっていますが、住宅改修が完了した後にもお住まいの市町村の担当窓口にて支給申請を行う必要があります。その支給申請には以下のようなものが必要になります。

① 住宅改修費支給申請書
② ケアプラン(居宅サービス計画書)
③ 領収書(宛名は被保険者本人の名前であること)
④ 工事費の内訳書(介護保険の支給対象となる工事の種類を明記し、各費用が適切に区分されてあること)
⑤ 改修箇所の完成後の状況を確認できる写真(日付入り)

事後申請を行うことによって、償還払いの場合は費用の9割(所得に応じて7~8割)が指定の口座に振り込まれます。

まとめ

控除を受けるまでの流れ
ここまで介護保険を利用した住宅改修の事前申請において必要になってくる見積書には書式はあるのかということについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

住宅改修とは、高齢者の自宅を安全に暮らすことができるような環境に整備するための費用の一部を介護保険にてまかなうという介護保険サービスです。

介護保険は被保険者が納める介護保険料と税金によって運営されているため、どんな改修工事でも支給対象にしていると財源がすぐに枯渇してしまい、本当に必要な方が不利益を被ることになります。

そのようなことにならないように、介護保険を利用した住宅改修では事前申請が必要になっているのです。

ここでは事前改修の際に必要になってくる見積書について解説してきましたが、しっかりとしたものを提出しないと介護保険の支給は受けられませんので注意してください。

-介護保険, 住宅改修

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.