介護保険 住宅改修

介護保険の住宅改修で失敗しない方法!優良な施工業者を選ぶ条件とは?

投稿日:

65歳以上の家族が扶養にいる場合被扶養者の介護保険料はどうなる?

この記事では介護保険を利用した住宅改修において失敗しないために方法として、優良な施工業者を選択するにはどうすればいいのかということについて解説しています。

介護保険には様々な介護保険サービスがありますが、訪問介護・通所介護といった介護保険サービスについては保険者から指定を受けた事業者しかサービスの提供を行うことができないと定められています。

一方で、住宅改修を行う施工業者に関して指定などはありませんので、どのような建築会社・工務店・リフォーム会社でも行うことが可能になっており、介護保険について知識のない施工業者と契約することによって様々なトラブルが起こる可能性が出てきます。

このため、住宅改修を行う際には介護保険についての知識がある優良な施工業者を選択する必要がありますが、どのようにして施工業者を選択すればいいのでしょうか?

ここでは護保険を利用した住宅改修において失敗しないために方法として、優良な施工業者を選択するにはどうすればいいのかということについて解説していきますので、介護保険を利用した住宅改修を検討している方は是非参考にしてみてください。

トラブル多発!?施工業者とのトラブルについて

リハビリの回数は単位で決まる
介護保険には様々な介護保険サービスがありますが、訪問介護・通所介護というようなサービスは提供を行う場合には保険者からの指定を受ける必要がありますが、住宅改修に関しては施行を行う施工業者に指定はないため、誰でも行うことが可能になっています。

このため、介護保険を利用した住宅改修が可能であることを謳っているにもかかわらず、介護保険の仕組みなどに関する知識がまるでない施工業者も存在しています。

住宅改修を行う際にこのような施工業者を選択してしまうと様々なトラブルが生じる可能性が出てきます。

介護保険を利用した住宅改修を行うためには、お住まいの市町村の担当窓口にて事前申請を行う必要があり、その際には様々な書類が必要になってきますが、介護保険に関する知識がない施工業者の場合、これらの書類を適当に作成したりする場合があります。

介護保険というのは公的な制度であり、被保険者が納める介護保険料と税金によって運営されていますので、事前申請において提出する書類はしっかりしたものを用意する必要があり、適当なものでは審査に通りません。

介護保険に関する知識のない施工業者とはこのようなことによるトラブルが多く、スムーズな住宅改修を行うことができなくなりますので注意が必要です。

優良な施行業者を選ぶ条件

介護保険|認定調査の不服申し立てより区分変更申請を!
先程の項目でも解説したように介護保険を利用した住宅改修というのは誰でも行うことが可能になっており、介護保険の知識がない施工業者と契約してしまうとスムーズな住宅改修ができない場合があります。

このため、住宅改修を行う施工業者と契約する際には優良な施工業者と契約する必要がありますが、その施工業者が優良な施工業者であるとはどのようにして見分ければいいのでしょうか?

ここでは優良な施行業者を選ぶ条件について解説していきます。

その① 内容が分かりやすく明確か

住宅改修には事前申請が必要になっていますが、その事前申請は見積書が必要になってきます。

優良な施工業者を見分ける条件の1つとして挙げられるのが見積書の内容が細かくて分かりやすいかということです。

施工業者の中には悪徳なものもあり、高額な材質を利用したり、住宅改修費用を高額にするために利用者に必要のない工事を行ったりする施工業者も存在します。

このため、見積書の内容がざっくりとしている場合には、その内容の詳細を確かめるようにしてください。

また、ざっくりとした見積書ではそもそも事前申請を行ったとしても審査を通過しない場合があり、そうなってくるとスムーズな住宅改修を行うことができなくなります。

その② 実績や知識は十分か

介護保険を利用した住宅改修の経験が豊富なのか、そもそも介護保険に関する知識があるのかを見定める必要があります。

介護保険を利用した住宅改修工事の経験が豊富である施工業者であるのかの確認も重要です。

介護保険を利用した住宅改修の経験が豊富な施工業者の情報についてはケアマネージャーが豊富に持っていますので、基本的に施工業者を選択する際には担当のケアマネージャーに相談することがベストだといえます。

また、介護保険に関する知識がない施工業者は事前申請の重要性を認識していない場合があり、そのような施工業者と契約してしまうと事前申請に必要な書類に不備が出て来るということを始めとする様々な問題が生じやすくなりますので注意が必要です。

介護保険の知識がある施工業者の見分け方として、施工業者に福祉住環境コーディネーター1級か2級の所持者がいるのかどうかの確認ということが挙げられます。

福祉住環境コーディネーターには3級もありますが、1級か2級であれば住宅改修と福祉用具を併用した提案を受けることも可能になるため、1級か2級の所持者がいるのかどうかの確認を行うといいでしょう。

その③ 真剣に話を聞いてくれるか

真剣に話を聞いてくれるのかということも重要な見極めポイントです。

利用者の話を親権に聞いてくれなかったり、行うことになる住宅改修についての説明が適当な施工業者は、そもそも利用者のことを考えて住宅改修を行う気がなく、お金さえもらえればいいという考えである場合もおおいです。

そのような施工業者と契約してしまうと、スムーズな住宅改修を行うことができなくなる可能性が高まりますので注意が必要です。

その④ 希望が配慮されているか

先程の真剣に話を聞いてくれるかということにかぶる部分もありますが、施工業者が提示してきた住宅改修の内容が、利用者側が希望している住宅改修の内容になっているのかということも重要なポイントです。

そもそも利用者の予算に応じた適正な住宅改修の計画になっているのかということもしっかりと確認する必要があります。

相見積のすすめ

グループホームで負担限度額の認定は利用できるのか
住宅改修を行う施工業者を選択する際には相見積もりを行うのがおすすめです。

相見積もりとは複数の施工業者から見積書をもらって、工事の内容やかかってくる費用を比較検討することです。

住宅改修には定価というものがありませんので、施工業者が提示する見積価格が必ずしも適正なものであるとはいえず、1つの施工業者のみの見積もりしか取らないと他の施工業者に比べて高い金額で住宅改修を行うことになる可能性も出てきます。

このため、相見積もりを行うことによって他の施工業者に比べて高額な費用を請求してくる悪徳な施工業者を排除することができる上、様々な施工業者の住宅改修に関する意識や施行にかかってくる金額を比較検討することができるため、工事の適正価格を知ることができ、自分の予算に合わせたリーズナブルな施工業者と契約を行うことが可能になります。

まとめ

控除を受けるまでの流れ
ここまで介護保険を利用した住宅改修において失敗しないために方法として、優良な施工業者を選択するにはどうすればいいのかということについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

介護保険を利用した住宅改修は誰でも行うことができるようになっていますので、しっかりとした優良な施工業者と契約を行うことが必要になってきます。

介護保険の知識がない施工業者と契約してしまうと様々なトラブルが生じる可能性があり、スムーズな住宅改修を行うことができなくなる場合がありますので、解説したようなポイントを踏まえて施工業者の選定を行い、信頼できる施工業者と契約を行うようにしましょう。

また、適正な価格での住宅改修を行うためにも相見積もりを行うこともおすすめです。

-介護保険, 住宅改修

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.