介護保険 お風呂 住宅改修

介護保険による住宅改修でユニットバスへの浴槽交換は対象か?

投稿日:

代理人が申請する場合は何が必要なの?|必要なものリスト

この記事では介護保険を利用した住宅改修においてユニットバスの交換は対象となるのかということについて解説しています。

介護保険には、自宅を高齢者が安全に生活を送ることができるような環境に整えるための費用の一部を介護保険によってまかなうことができる住宅改修という介護保険サービスがあります。

この住宅改修では浴室の改修を行うことも可能になっており、「手すりの取り付け」「浴室と脱衣所の段差解消」「浴室の床を滑りにくい素材に変更」「浴室の扉を折り戸に変更」というような工事を行うことが可能になっています。

ではユニットバスの交換は住宅改修の対象となっているのでしょうか?

ここでは介護保険を利用した住宅改修においてユニットバスの交換は対象となるのかということについて解説していきますので、介護保険を利用してユニットバスを交換したいと考えている方は是非この記事を参考にしてみてください。

ユニットバスの交換は住宅改修の対象か

ほとんどの場合ユニットバスの改修は介護保険の上限額を超える?
介護保険には高齢者の自宅をその人が安全に生活を送ることができるような環境に整えるための費用の一部をまかなってくれる「住宅改修」という介護保険サービスがあります。

この住宅改修は、あくまで介護のために行うものであり、介護と何ら関係のない改修は保険給付の対象とはならず、住宅改修の対象となる工事は以下のように明確に規定されています。

[住宅改修の対象となる工事]

  1. 手すりの取り付け(玄関・廊下・階段・浴室・トイレなどに設置するもので、取り付けに工事を伴わないものは対象外)
  2. 段差や傾斜の解消(玄関・廊下・浴室・トイレなどの室間の段差や傾斜の解消)
  3. 滑り防止・移動の円滑化を目的とした床材の変更(車いすでは移動しにくい畳や滑りやすい床などを固い床材やフローリングなどに変更する工事)
  4. 開き戸から引き戸への変更や扉の撤去(アコーディオンカーテンへの取り替えやドアノブの変更や戸車の設置なども対象)
  5. 和式便器から洋式便器への変更(和式から洋式への変更のみ対応、洋式から洋式への取り替えは対象外)
  6. その他に①~⑤の工事に付帯して必要となってくる工事

上記の住宅改修の対象となる工事の中にはユニットバスの交換についての記載はありませんので、ユニットバスの交換は介護保険を利用した住宅改修の対象外かと思われる方もいるかもしれませんが、実は介護のためであることが認められれば介護保険を利用しての交換が認められます。

その① 介護のための交換なら認められる

この項目の冒頭でも解説したように、にユニットバスの交換は介護のための交換であると認められれば介護保険の給付対象となります。

介護保険や介護保険サービスと聞くと、一般的には介護士やホームヘルパーの方にきてもらった際にかかった費用や介護施設を利用した際にかかるものと思われがちですが、自宅で住み続けたいと考えている高齢者の望みを叶えるための住宅改修も介護保険の対象になっているのです。

その② 対象になる部分

ただ、ユニットバスの交換が介護保険の対象になるとはいえ、全部が全部対象になることはなく、介護保険で対象になる工事箇所というものが定められています。

基本的に介護保険の対象となる工事箇所は、出入り口・浴槽・手すり・床・照明器具・ユニットバスの壁・給排水設備などです。

介護に必要のないジェットバスや浴室用のテレビは介護を行うためには必要のないものであるため介護保険の対象とはなりませんので、もし取り付けたいのであれば全額自己負担で設置する必要があります。

また、どこが介護保険の対象となる部分か分からない場合もあるかと思います。

住宅改修を行う際には事前に施工業者が下見に訪れますのでその際にどこが介護保険の対象になるのかを聞いておくようにしましょう。

ユニットバスの交換の費用について

第二号被保険者の介護保険料の自己負担額
ここまででユニットバスの交換が介護保険の対象になるということについて解説してきましたが、皆さんが一番気になるのはユニットバスの交換にかかる費用がいくらなのかということだと思います。

ここではユニットバスの交換の費用について解説していきます。

その① 保障の範囲(支給限度基準について)

介護保険を利用した住宅改修では、認定されている要介護度にかかわらず支給上限額を20万円として住宅改修にかかった費用の9割(所得に応じて7~8割)が介護保険から支給されることになっています。

手すりの取り付けや段差解消などの工事なら簡単な説明で終わることができるのですが、介護保険を利用した住宅改修でユニットバスの交換を行う際には施工費の按分をする必要が出てきますのでそうはいきません。

1-2.の項目ではユニットバスを交換する際に介護保険の対象となる箇所について解説しましたが、この対象となる部分を適切な方法で按分する必要があり、この按分によって介護保険の支給額が決定されます。

この按分が不完全であると介護保険を利用することができなくなりますので自己負担が増加することになります。

施工費の按分とはどのようにすればいいのかと思われる方もいるでしょうが、実は計算の仕方が決まっており、以下のようにして計算を進めていくことになります。

  1. ユニットバス全体の施工費を税抜き標準価格の10%を目安に算出
  2. ①で算出した全体の施工費に対象部分の按分率(床20%、浴槽15%、扉10%)を乗じて算出

ユニットバス全体の施工費とは税抜き標準価格の10%となりますので、メーカー側が表示している小売価格・一般的な価格に10%を乗じたものを使用します。

また、床・浴槽・扉はそれぞれ20%・15%・10%と按分率が決まっており、その按分率をユニットバス全体の施工費に乗ずることによって重要度に分けた費用の算出が可能になります。

その② ユニットバスの相場について

ユニットバスの交換についての工事を行う際には、既存の浴室の解体や給排水設備の工事などを始めとする様々な工事を行う必要があり、ユニットバス本体の価格に加えて工事費用が必要になってきます。

目安としては35万円~となっていますが、工事が大がかりになればなるほど費用は膨らんでいくことになりますので注意してください。

このように、住宅改修の支給上限額は20万円となっていますが、基本的にユニットバスの交換を行う場合には、この上限金額内に押さえることは不可能となっており、必ず自己負担の部分が出てくることになりますので、ある程度の出費は覚悟しておかなければなりません。

まとめ


ここまで介護保険を利用した住宅改修においてユニットバスの交換は対象となるのかということについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

解説してきたように介護のためであると認められるのであれば、介護保険を利用した住宅改修においてユニットバスの交換を行うことは可能になっています。

ただ、手すりの取り付けや段差解消というような他の住宅改修と比べると工事の規模が大きくなるため、工事にかかってくる費用が大幅に違ってくることになります。

このため、住宅改修を行う際にはまとまった金額を用意しておく必要があります。

ただ、お住まいの市町村によっては介護保険と併用することができる住宅改修補助制度を独自に設けているところもありますので、気になる方はお住まいの市町村の担当窓口か担当のケアマネージャーに相談してみるようにしましょう。

-介護保険, お風呂, 住宅改修

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.