介護保険

介護保険と医療保健のリハビリテーションの違いは?

投稿日:

65歳以上の家族が扶養にいる場合被扶養者の介護保険料はどうなる?

この記事では介護保険を利用したリハビリテーションと医療保険を利用したリハビリテーションの違いについて解説しています。

名称が似ている「介護保険」と「医療保険」ですが、保険制度にあまり詳しくない方などは、いざ利用するという段階になった時にどちらの保険を利用すれば良いのか分からないというような方もいるかと思います。

介護保険と医療保険では、それぞれ保険が適用される女権が異なっていますが、被保険者の身体状態などによって優先される保険が異なってきたりします。

では、リハビリテーションにおいて介護保険と医療保険にはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは介護保険を利用したリハビリテーションと医療保険を利用したリハビリテーションの違いについて解説していきますので、介護保険と医療保険という公的医療保険を利用したリハビリテーションの違いについて知りたいという方は是非この記事をご覧ください。

介護保険のリハビリテーションとは

介護保険で65歳以上の家族を扶養に入れたときのメリット・デメリット
ここでは介護保険を利用したリハビリテーションについて解説していきます。

その① 対象者

介護保険を利用するためには要介護認定を受ける必要があります。

この要介護認定は65歳以上の第一号被保険者であれば、介護が必要になった原因がどのようなものであっても受けることが可能になっていますが、40歳~64歳までの第二号被保険者の方は以下に記載する16種の特定疾病が原因で介護が必要になったと認められなければ要介護認定を受けることはできません。

つまり、特定疾病以外の病気や交通事故などで介護が必要になったとしても介護保険のリハビリテーションは受けることができないということです。

[16種類の特定疾病]
1.がん(がん末期)
2.関節リウマチ
3.筋萎縮性側索硬化症
4.後縦靭帯骨化症
5.骨折を伴う骨粗鬆症
6.初老期における認知症
7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
8.脊髄小脳変性症
9.脊柱管狭窄症
10.早老症
11.多系統萎縮症
12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13.脳血管疾患
14.閉塞性動脈硬化症
15.慢性閉塞性肺疾患
16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

その② リハビリの目的

介護保険のリハビリテーションの目的は「日常生活全般をリハビリであると捉えた機能維持」となっており、先程の項目でも申しあげたように要介護認定を受けている介護保険の被保険者のみが利用することができます。

介護保険のリハビリテーションは、サービスを受けることができる症状や日数に関しての制限が設けられていませんので、リハビリの必要性があると判断されれば継続してリハビリを受けることが可能になっています。

このため、介護保険のリハビリテーションは長期のリハビリに適しているといえます。

その③ リハビリの内容

介護保険サービスには、自宅で行う訪問リハビリテーション、通って行う通所リハビリテーション(デイケア)、介護施設に入所して行う入所型リハビリテーションというサービスが用意されています。

基本的に、運動療法や物理療法を用いたリハビリを提供してくれる「理学療法士」、身体と精神の両面からのリハビリによって日常生活機能を高めるための訓練を行ってくれる「作業療法士」、話す・聞くといった能力を回復するためのリハビリを提供してくれる「言語聴覚士」等のリハビリ専門職と呼ばれる専門の資格を持っている専門家が、主治医の指示に基づいて以下のようなリハビリテーションやアドバイスを行ってくれます。

[日常生活動作のリハビリテーション]
食事、着替え、入浴、排泄といった日常生活における動作や歩行訓練等を提供してくれます。

[身体機能のリハビリテーション]
筋肉や関節籐の機能を維持したり、回復するために必要な運動などを行ってくれます。

[介護についてのアドバイス]
在宅での介護を行っている場合は、普段介護を行っている家族へ介護の方法や福祉用具・介護にかかる費用についてのアドバイスを行ってくれます。

その④ リハビリを行なう場所

先程の項目でも申しあげたように介護保険のリハビリテーションには、訪問リハビリテーション・通所リハビリテーション(デイケア)・入所型リハビリテーションという3つのサービスがあります。

訪問型リハビリテーションでは、リハビリが行われるのは利用者の自宅となっており、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等のリハビリの専門家が利用者の自宅を訪問して主治医の指示に基づいたリハビリを行ってくれます。

通所型リハビリテーションでは、リハビリが行われることになるのは老人保健施設や病院・診療所などになります。

このような施設に利用者が通所・通院を行うことによって、主治医の指示に基づいて理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等のリハビリの専門家がリハビリを提供してくれます。

訪問リハビリと似たような内容ですが、施設や機器などが充実しているため、より深いリハビリを受けることができます。

入所型リハビリテーションは、介護老人保健施設に入所して受けることになるリハビリです。

介護老人保健施設は症状が安定している方が住み慣れた自宅で生活を送れるようにすること目的としている施設で、入所することによって専門家によるリハビリを受けることが可能になっています。

医療保険のリハビリテーションとは

介護保険の住所地特例とは実際いつ利用するの?
ここでは医療保険を利用したリハビリテーションについて解説していきます。

その① 対象者

基本的に医療保険では保険証さえ持っていれば0歳からでも保険の対象となります。介護保険のリハビリテーションを利用することができるのは要介護認定を受けた被保険者のみとなっていますが、特定疾病以外が原因で介護が必要になった39歳以下の介護保険未加入者や40歳~64歳までの第二号被保険者、厚生労働大臣が定める疾病等に罹患している65歳以上の第一号被保険者や第二号被保険者は医療保険にて訪問リハビリや通所リハビリを受けることになっています。

その② リハビリの目的

医療保険のリハビリテーションの目的は「治療や訓練に特化した機能回復」となっており、介護保険と違って介護保険に加入していない39歳以下の方も利用することが可能になっています。

ただ、医療保険のリハビリは病気別にリハビリが行われるため、それぞれに日数制限が設けられており、サービスを受けることができる症状や日数に関しての制限がない介護保険のリハビリとは異なり、長期にわたるリハビリには適していません。

その③ リハビリの内容

介護保険であっても医療保険であってもリハビリテーションは医療行為となっていますので、主治医の指示に基づいて行われることになっています。

医療保険のリハビリは身体機能の早期改善を目的として病気別にリハビリを行いますが、リハビリの提供は介護保険と同様にリハビリ専門職である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等が行います。

その④ リハビリを行なう場所

医療保険のリハビリが行われるのは、基本的に入院や外来といった病院内で提供されることになっていますが、必要であれば訪問によるリハビリも可能になっています。

ただ、病院内にはリハビリに関する専門職も多いため、病院内でのリハビリの方が充実したリハビリを受けることが可能になっています。

まとめ


ここまで介護保険を利用したリハビリテーションと医療保険を利用したリハビリテーションの違いについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

解説してきたようにリハビリテーションは介護保険と医療保険のどちらでも受けることが可能になっています。

ただ、介護保険と医療保険ではリハビリの目的やリハビリを受けることができる日数等に違いがありますので、その点については注意しておきましょう。

また、介護保険と医療保険のリハビリを併用することはできないのかと考えている方もいるかもしれませんが、原則手して介護保険と医療保険の併用はできませんので、リハビリが必要な場合は自身がどちらの対象になるのかを良く把握しておく必要があります。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.