介護保険

介護保険でポータブルトイレを選ぶポイントは?

投稿日:

ほとんどの場合ユニットバスの改修は介護保険の上限額を超える?
この記事では介護保険サービスである特定福祉用具販売にてポータブルトイレを選択する際のポイントにはどのようなものがあるのか、また、ポータブルトイレの種類についても解説しています。

在宅での介護を行う際には様々な福祉用具が必要になってきます。

介護保険には「福祉用具貸与」と「特定福祉用具販売」という介護保険サービスがあり、介護保険を利用して福祉用具をレンタルしたり、購入したりすることが可能になっています。

ポータブルトイレは利用者の肌に直接触れるものですので、衛生上レンタルすることには向かない福祉用具とされているため、「特定福祉用具販売」による購入のみが介護保険の対象となっていますが、購入するポータブルトイレを選択する際のポイントなどには一体どのようなものがあるのでしょうか?

介護保険サービスである特定福祉用具販売にてポータブルトイレを選択する際のポイントにはどのようなものがあるのか、また、ポータブルトイレの種類についても解説していきますので、介護保険を利用したポータブルトイレの購入に興味がある方は是非この記事をご覧ください。

ポータブルトレイの種類


排泄という行為は人にとってプライベートなものであるため、高齢者であっても他人に介入されることは自尊心を傷つけられることになります。

ポータブルトイレであれば、トイレまでの歩行が困難であるという高齢者の方であっても自力での排泄を行うことが可能になる場合もありますので、在宅での介護を行うのであればポータブルトイレは重要な福祉用具となります。

ただ、ポータブルトイレには様々な種類があり、素材・デザイン・機能等が異なってきますので、まずここではポータブルトイレの種類について解説していきます。

標準型

標準型のポータブルトイレはプラスチック製となっており、「軽量なため本体の持ち運びが容易」「小型で設置に場所を取らない」「掃除がしやすい」「他の種類に比べて価格が安い」というようなメリットがあります。

ただ、プラスチックでできているため、軽過ぎて安定性に欠けるというデメリットもあります。

このため、標準型のポータブルトイレを使用する際には、排泄時の姿勢をしっかりと保って本体がぐらつかないように注意する必要がある他、使用後の立ち上がりに問題がある場合には別途手すりを準備するようにしてください。

木製型

木製型のポータブルトイレは「プラスチック製と比べて重量があるため安定感がある」「家具調のデザインであるため居室にマッチする」「普通のイスとして使用することができる製品もある」「座面の高さが調節可能な場合もある」というようなメリットがあります。

ただ、比較的値段が高い、重量があるため移動させにくい、設置するためにはある程度のスペースを確保する必要がある等のデメリットもあります。

このため、木製型のポータブルトイレを導入する際には、設置する場所をあらかじめ決めた上で、十分にスペースを確保しておく必要があります。

金属製

金属製のポータブルトイレはコモード型とも呼ばれ、「持ち運びが容易」「安定感がある」「座面の高さを調節することが可能」「掃除が容易」「アームが可動式のものであれば横以上がしやすい」というように様々なメリットがあり、デメリットというとポータブルトイレの見た目が居室とマッチしにくいという点くらいです。

このため、金属製のポータブルを選択する際には、部屋のインテリアなどとの調和を意識してデザインの選択を行うといいでしょう。

スチール製

スチール製のポータブルトイレはベッドサイド設置型とも呼ばれ、「ベッドから移乗することができる」「座面の高さを調節することが可能」「掃除が容易」「以上や立ち上がりのための手すりが付いている」というようなメリットがあります。

デメリットとして挙げられるのは、重量があるため移動が困難であるという点やデザインが居室にマッチしにくいという点があります。

また、このスチール製のポータブルトイレですが、使用する際には必ずベッドの高さとポータブルトイレの座面の高さをそろえるようにして下さい。

ベッドと座面の高さが違うとベッドからの移乗がしづらくなり、転倒の危険性も出てきますので注意が必要です。

選び方のポイント

要支援のデイサービスの自己負担額の目安
ここまではポータブルトイレの種類について解説してきましたが、ここではポータブルトイレを選ぶ際のポイントについて解説していきます。

その① 置き場所

一番のポイントともいえるのが置き場所です。

基本的にポータブルトイレは利用者の寝室やベッドの近くに設置することになりますが、ポータブルトイレをどこに置くのかを最初に決めた上で、その置き場所にあった大きさのポータブルトイレを選択する必要があります。

また、排泄に介助者が必要な場合は介助者が動くことができるスペースも計算した上で、その大きさに合ったものを選ぶようにしましょう。

その② 安定感

身体機能が低下している高齢者は足腰が弱くなっている場合が多く、そのような方が利用する場合にはポータブルトイレの安定感が重要になってきます。

腰掛けた際にしっかり安定しているか、肘掛けがある場合には肘掛けに体重を抱えても倒れないものを選択する必要があります。

プラスチック製のポータブルトイレは安定感に欠けるため、持ち運びが不便であっても多少重量のあるものを選ぶと安定感という面では間違いありません。

その③ 高さ

ポータブルトイレへの立ち座りをスムーズに行うためには、足の底がしっかりと床に付いており、膝の関節が直角に曲がっている必要があります。

このため、座面の高さを調節することができる機能が付いてあるものを選択すると利用者の身体にフィットさせて使用することができます。

また、ベッドの近くに設置する際には、ベッドの高さと座面の高さが同じくらいのものを選ぶと移乗をスムーズに行うことができます。

その④ スペースの確保

ポータブルトイレを使用する際には蹴り込みスペースを確保することも重要になってきます。

蹴り込みスペースとは、立ち座りを行う際に足を便器側に引くことができるスペースのことで、このスペースがあることによって使用者が前へ転倒する危険性を軽減することができます。

蹴り込みスペースがない製品の場合は、重心の移動が困難になるため前傾姿勢をとることが難しくなり、立ち上がりの際に前方へ転倒する可能性が出てきますので注意が必要です。

その⑤ 移動のしやすさ

また、ベッドサイドに設置する場合などは移乗のしやすさも考慮して選択する必要があります。

最近のポータブルトイレでは座面の高さを調節することができるだけではなく、搭載されている非実家怪我跳ね上げ式になっているタイプなどがあり、このタイプのポータブルトイレであればベッドから直接移乗しやすくなります。

また、板座の角度を調節できるタイプのポータブルトイレもあり、角度を調節すると立位での移乗がしやすくなります。

また、ポータブルトイレの脚部にキャスターが付いているものもあり、このタイプですと重量がある木製型であっても移動がらくになります。

まとめ

被保険者が65歳以上でも配偶者の医療保険は変更されない
ここまで介護保険サービスである特定福祉用具販売にてポータブルトイレを選択する際のポイントにはどのようなものがあるのか、また、ポータブルトイレの種類についても解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

ポータブルトイレには「標準型」「木製型」「金属型」「スチール型」の4種類があり、それぞれメリットとデメリットを持ち合わせています。

この記事ではポータブルトイレを選択する際のポイントなどについていくつか解説してきましたが、ポータブルトイレを購入する際には必ず利用者の身体状況や設置場所に適したものを選択するようにしてください。

デザイン重視などで選択してしまうと、最悪スペースがなくて設置できないということにもなりまねませんので十分に注意するようにしてください。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.