訪問看護

訪問看護と訪問診療は同日算定できる?

投稿日:

ほとんどの場合ユニットバスの改修は介護保険の上限額を超える?
看護師などの医療従事者が自宅に来訪し、療養上のケアや医療的な処置を受けることができるサービスに「訪問看護」と呼ばれるものがあります。

「訪問看護」のほかにも自宅で医師の診療を受けることができる、「訪問診療」と呼ばれる医療的なサービスが存在することをご存知でしょうか。

今回は「訪問看護」と「訪問診療」が同じ日に算定できるかどうかを解説していきます。

介護保険の訪問看護とは一体なに?

介護保険の第二号被保険者とは

「介護保険」で「訪問看護」を利用するには、要支援、要介護認定の申請など事前に準備なければならないことがあります。

事前に準備を行い、「訪問看護」の利用をスムーズに開始しましょう。

訪問看護はどのようなことをしてくれるの?

冒頭でも紹介したように、「訪問看護」は自宅に看護師などの医療従事者が来訪し、療養上に必要となるケアが提供されます。

「訪問看護」で提供されるサービスは身体の清拭や入浴介助、食事介助などの身体介護や、主治医の指示による注射や点滴、床ずれの処置など医療的な処置になります。

その他にも健康状態の観察、人工呼吸器や在宅酸素の管理なども「訪問看護」で提供されるサービスです。

身体介護や医療的な処置だけでなく、家族や周りの方などの介護者に対して療養する上で必要になるアドバイスを行ったり、療養上の相談ごとを受け付けたりしています。

介護保険で訪問看護を受けるには要支援、要介護認定の申請が必要

「訪問看護」だけではなく、「介護保険」で介護サービスを利用するには要支援、要介護認定を市区町村から受けなければなりません。

「訪問看護」などの介護サービスの内容や「介護保険」についてわからないことが多くあるでしょうから、まずは「地域包括支援センター」へ「介護保険」の利用に関して、相談へ赴くとよいでしょう。

「地域包括支援センター」は高齢者をはじめとした、地域で生活する介護が必要な方をサポートする目的で設置された施設です。

「地域包括支援センター」の所在地は、インターネットや市区町村の介護保険を担当している部署で調べることができます。

要支援、要介護認定が下りたのち、ケアマネージャーと契約を行い、介護サービスの利用開始になります。

ケアマネージャーは介護サービスの利用に際し、必要となる手続きや連絡調整を行う専門職です。

実をいうと先ほど紹介した「訪問看護」は「介護保険」のほかに、「医療保険」でも利用できます。

「医療保険」と「介護保険」では、「訪問看護」を利用した際に発生する料金や利用回数が異なることがあります。

「訪問看護」を利用するときには、「医療保険」と「介護保険」のどちらの保険を適用するのがよいか、事前に担当ケアマネージャーに確認しておくとよいでしょう。

医療保険の訪問診療とは一体なに?

第二号被保険者で介護保険の要介護認定を受けるには?

「訪問診療」とは自宅に医師が来訪し、診療を行う医療サービスのことです。

けがや疾病による障害のため、病院などの医療機関へ通えない方が、自宅にいながら医師からの診療を受けることができます

「訪問診療」のほかにも、自宅に医師が来訪する医療サービスに「往診」が挙げられます。

「訪問診療」と「往診」との違いは、計画的な診療が行われるかどうかという点です。

「訪問診療」は利用者の了解を得て、1週間に1回のような定期的に医師が利用者の自宅に来訪します

それに対し「往診」は医師が必要と判断したときに、予定になくとも利用者の自宅に来訪し、医療的な処置を行います。

急な状態の悪化により医師の診察が必要と判断した場合など、利用者の家族など周りの方が医療機関へ連絡し、「往診」の依頼を行います。

「往診」は緊急事態に対応できる、医療サービスと考えておいた方がよいでしょう。

介護保険で訪問診療を受けることはできない?

入院中に介護保険を利用した住宅改修はできる?

結論から申し上げますと「訪問看護」とは異なり、「介護保険」で「訪問診療」を受けることはできません。

「訪問診療」は「医療保険」での利用になります。

しかし「介護保険」を利用し、自宅に医師や看護師、保健師が来訪するサービスの提供を受けることができます。

それは「居宅療養管理指導」と呼ばれる介護サービスです。

「居宅療養管理指導」を利用する上で注意しなければならないのが、「居宅療養管理指導」では健康管理上のアドバイスや指導を行うため、実際の医療行為はされない点です。

「居宅療養管理指導」の利用をはじめてみたはいいものの、希望する内容のサービスが提供されないということがないようにしたいところです。

「居宅療養管理指導」だけでなく介護サービスの利用前には、先ほど紹介したように担当ケアマネージャーに提供されるサービスの内容について確認しましょう。

もし医師が自宅に来訪し、医療行為を希望するのであれば、「訪問診療」を活用することをおすすめします。

訪問看護と訪問診療は同日算定できるのか?

介護保険の認定で認知症はどの程度影響する?

「訪問看護」と「訪問診療」は利用する時間帯が異なれば、同日算定できる可能性があります。

どうすれば「訪問看護」と「訪問診療」を同日算定できるかを、詳しく解説していきます。

時間をずらして利用すれば可能

例えば午前に「訪問診療」を利用し、午後に「訪問看護」を利用した場合のように、時間をずらして「訪問看護」と「訪問診療」の利用であれば、同じ日であっても算定可能となっています。

とはいえ、同日での「訪問看護」と「訪問診療」の利用に際しては、医師や病院など医療機関の相談窓口、「訪問看護」を提供している事業所へ、事前に確認しておくことを強くおすすめします。

時間をずらしても訪問看護と訪問診療を同日算定できない、特別な関係とは?

時間をずらしたとしても、「訪問看護」を提供している事業所と、「訪問診療」を行う医療機関が「特別な関係」である場合、「訪問看護」と「訪問診療」を同日算定できない可能性があります。

「特別な関係」とは、「訪問看護」を提供している事業所と医療機関の開設者や代表者が同一であったり、それぞれの代表者が親族であったりする場合などが該当します。

まとめ

介護保険料の概要について

「訪問看護」や「訪問診療」がどのようなサービスなのかから、「訪問看護」と「訪問診療」が同日算定できるかどうか、解説してきました。

「訪問看護」、「訪問診療」で提供されるサービスの内容や、「訪問看護」と「訪問診療」は同日算定できる条件について、おわかりいただけたのではないでしょうか。

「訪問看護」と「訪問診療」は同日算定できるについてまとめると

  • 「訪問看護」は身体の清拭や入浴介助、食事介助のほかに、主治医の指示による点滴や注射などの医療的な処置、人工呼吸器や在宅酸素などの医療機器の管理を行ってもらえる。
  • 利用者に事前に確認を行い、1週間に1回のような定期的に医師が自宅に来訪し、医療行為を行うのが「訪問診療」である。
  • 利用時間が異なれば、「訪問看護」と「訪問診療」を同じ日に利用できるが、事前に関係機関に確認したほうがよい。

ということがあります。

「訪問看護」と「訪問診療」を同じ日に利用するときのように、異なる医療サービスを同一日に利用する場合には、サービスを提供している事業所や医療機関に事前に確認を行い、スムーズなサービスの利用をこころがけたいものです。

保険制度や医療サービスについて理解するためには専門知識は必要なことがありますので、サービスの利用に際してわからないことや疑問に思ったことを相談できる窓口を、前もって確保しておきましょう。

-訪問看護

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.