介護保険 デイケア ショートステイ

介護保険のお泊りデイサービスの内容は?ショートステイと何が違う?

投稿日:

介護保険のお泊りデイサービスの内容は?ショートステイと何が違う?

介護保険のお泊りデイサービスの内容は?ショートステイと何が違う?

介護保険のサービスの中で、短期間施設に入所して泊まりで介護を受けるショートステイは人気のサービスです。

要介護者の安心・安全を確保しつつ、手厚い介護やリハビリを受けることができるだけでなく、家族にとっても休息を図ったり、家事をしたりと普段は介護に追われてできないことをする時間を作ることが可能となるからです。

しかし、その一方でその便利さと施設の少なさから、実際に利用したいと思っても満床だと断れることが少なくありません。

そのため、複数の事業所に登録し、利用者にとっても様々な施設に行くことが負担となることもあるでしょう。

そんなとき、よく比較される同等サービスの中で近頃話題に挙がるのが、お泊りデイサービスというサービス。皆様ご存知でしょうか?

今回は、そのお泊りデイサービスについて、ショートステイと比較しながらひも解いていきたいと思います。

お泊りデイサービスとは?

お泊りデイサービスとは?

お泊りデイサービスとは、デイサービス(介護保険対象)+お泊りサービス(介護保険対象外)といったイメージのサービスです。

介護保険のデイサービスに宿泊する施設が併設されていて、要介護者が日中にデイサービスの介護保険サービスを利用し、そのまま宿泊できるサービスです。

近年話題に挙がることが多いサービスですが、実は以前から少数ですが存在していました。

お泊りサービス部分は介護保険対象外のため、夜間の職員配置や設備基準等がないために夜間のトラブルや事故が多発し、課題となっていました。

その対策として、2015年に厚生労働省によりガイドラインが作成され、指定権者(都道府県もしくは市町村)への届出や人員基準や宿泊室面積などの設備基準、スプリンクラー設置基準などが定まりました。

これによりお泊りデイサービスの信頼性が高まり、利用者が増え話題に挙がるきっかけとなりました。

慢性的に入所施設や老人ホームの受け皿が少ない現状の中で、一挙に宿泊可能な施設として選択肢の一つとなったのです。

お泊りデイサービスのメリット・デメリット

お泊りデイサービスのメリット・デメリット

それでは、このお泊りデイサービスの良い点・悪い点について確認しましょう。

お泊りデイサービスのメリット

メリットは、そのサービスの性質上ショートステイとほぼ同様です。

具体的には、まず日常的に自宅で介護している家族が心身の休息を図ることができる点です。

お泊りデイサービスに宿泊している間は昼夜ともに有資格者が要介護者をみてくれるので、安心して介護を休むことができます。

もう一つは、人間関係が固着しがちな自宅介護において、外部との交流を図ることができるために、要介護者本人にとっても気分転換や新たな人間関係の構築につなげることができます。

お泊りサービスのデメリット

デメリットとしては、まず大きいのは費用でしょう。

詳細な比較は後述しますが、負担限度額認定証の活用によって費用の減額が見込めて相対的に安価なショートステイに比べ、高額になりがちだという点です。

介護保険の対象外である自主サービスにあたるため、費用軽減策や補助制度の対象外なのです。

次に挙げられるのは、人員や設備に関する差です。

ガイドラインはあるものの、基準が厳格とはいえず慢性的に人員不足である施設があったり、またプライバシーへの配慮という点でも最低ラインの基準があるだけなので、人によっては不快を感じる方もいるでしょう。

施設によっては、日中デイサービスで使っている部屋を活用し、パーテーション等で空間を仕切って寝泊まりするというケースも十分に考えられます。

実際に利用する前に見学をするなり、まずは一泊から始めるなりして十分に確認した方がよいでしょう。

お泊りデイサービスの利用方法

お泊りデイサービスの利用方法

まずは、担当のケアマネジャーさんにお泊りデイサービスの利用について相談しましょう。

すると、ケアマネジャーさんはお泊りデイサービスに必要性について専門的な見地から必要性について確認します。

例えば日常的にショートステイを利用している方であれば、まず間違いなく必要性を認めてくれるでしょう。

その後、選定した事業所との契約及びサービス担当者会議が開催されます。

会議が終わると、居宅サービス計画(ケアマネジャーが作成する計画)への同意と、お泊りデイサービスとの利用契約になります。

契約が終わると、最期にお泊りデイサービスに関する個別支援計画(日中のデイサービスに係る個別支援計画書とお泊り部分の計画書)に同意して利用開始となります。

料金については、日中のデイサービスの部分とお泊り部分は別々の請求になりますので、その内訳については後で齟齬やトラブルが生じないよう、詳細に確認することを強くお勧めします。

お泊りデイサービスとショートステイの違い

お泊りデイサービスとショートステイの違い

お泊りデイサービスは介護保険と保険外の組み合わせであり、それに対してショートステイは一括で介護保険での取り扱いになります。

そのため、その決まり事や料金については違いがあります。

費用、設備基準、人員配置基準、緊急時対応それぞれの差についても確認が必要です。

費用面

4-1 表

※一部抜粋

泊まる空間(お泊り部分の設備基準)

4-2

※一部抜粋

スタッフの数

4-3

※一部抜粋

緊急時の対応

4-4

※一部抜粋

まとめ

まとめ

お泊りデイサービスは、介護保険によるデイサービスと保険外のお泊りサービスの組み合わせです。

デイサービスの部分は介護保険制度により厳格な基準のもとで一定の品質が確保されています。

それに対し夜間のお泊り部分については、厚生労働省からのガイドラインはあるものの、あくまで任意の保険外サービスのため、サービスの質の担保と料金設定の部分が課題になっているとも言えます。

-介護保険, デイケア, ショートステイ

Copyright© たのしい介護 , 2021 All Rights Reserved.