介護保険

介護保険のおける福祉用具貸与の『昇降座椅子』って何?使い方や金額は?

更新日:

デイサービスの利用内容
この記事では介護保険サービスの1つである福祉用具貸与においてレンタルが可能になっている昇降座椅子とは一体何なのか、また、昇降座椅子の使い方やレンタルにかかる金額についても解説しています。

介護保険には様々な介護保険サービスがありますが、高齢者が住み慣れた自宅で可能な限り自立した生活を送ることができるように福祉用具のレンタルを行うという福祉用具貸与というサービスがあります。

福祉用具貸与は利用することによって利用者の日常生活をサポートするだけではなく、普段介護を行っている家族の介護による負担も軽減することができるようになっているので多くの高齢者が利用しています。

この福祉用具貸与では13種目の福祉用具をレンタルすることができるのですが、この中の1つに分類される昇降座椅子とは一体何なのでしょうか?

ここでは介護保険サービスの1つである福祉用具貸与においてレンタルが可能になっている昇降座椅子とは一体何なのか、また、昇降座椅子の使い方やレンタルにかかる金額についても解説していきますので、昇降座椅子について知りたい方やかかる費用等について気になっている方は是非この記事をご覧になってください。

『昇降座椅子』について


昇降座椅子とは、身体機能の低下によって畳や床から自力で立ちあがることができなくなった方が安全に立ちあがることができる福祉用具です。

福祉用具貸与の種目には「昇降座椅子」というものはないので「あれっ?」と思われる方もいるかもしれませんが、この昇降座椅子は福祉用具貸与の種目の1つである「移動用リフト」に分類されることになっています。

この移動用リフトには昇降座椅子の他に以下のようなものが分類されます。

  • 床走行式リフト(釣り具によって利用者を持ち上げて目的の場所へ移動させる)
  • 固定式リフト(居室や浴室等に固定して使用し、釣り具によって可動範囲内で利用者を移動させる)
  • 添え置き式リフト(ベッドの上にレールを固定して使用し、釣り具によってレールの範囲内で利用屋を移動させる)
  • 段差昇降機(玄関等に設置することによって段差を解消する)
  • 入浴用リフト(浴槽の中に設置して入浴を補助する)
  • 可搬型階段昇降機(設置扶養で階段の昇降を行うことができる)

その① 必要とされる対象者

移動用リフトに分類される昇降座椅子を介護保険を利用してレンタルする際には大前提として要介護認定を受けている必要がありますが、その中でも移動用リフトするには要介護認定において「要介護2~5」と認定されている必要があります。

「要支援1・2、要介護1」と認定された方については軽度者という扱いで移動用リフトのレンタルは原則として認められていません。

ただ、疾病やその他の原因によって以下のような状態であるものについては例外として福祉用具貸与によるレンタルが認められています。

① パーキンソン病の治療薬等によって、日や時間帯によって噴飯に福祉用具を利用しなければならない状態になる方
② 末期がんの急速な状態悪化等によって、短期間で確実に福祉用具を利用しなければならない状態になることが見込まれる方
③ 心疾患による心不全等によって、医学的な判断から福祉用具を利用しなければならない状態である方

その② 特徴

昇降座椅子は電動で座面が上下しますので、畳や床から自力で立ちあがることができなくなった方でも安全かつ楽に立ちあがることができる他、車椅子や介護用ベッドへの以上に使用することもできるため、普段介護を行っている家族の介護による負担も軽減することが可能になっています。

様々な商品があり、座面が回転するものやリクライニング機能が付いているものなどがあります。

その③ サイズや重さ

昇降座椅子は各メーカーから様々な商品がでていますので、商品によってサイズや重さは異なってきます。

ただ、中にはキャスターが付いているものもありますので、ラクラク移動することができるものもあります。

『昇降座椅子』の使用方法

まとめ
昇降座椅子の使用方法ですが、座面に座って上下の操作を行うだけです。基本的に操作に力は必要ありませんので、高齢者の方でも簡単に座面を上下させることができ、立ち座りを快適に行うことができます。

また、昇降座椅子をベッドの横に設置し、ベッドと同じ高さに座面を合わせることによってイスからベッドへの以上を快適に行うことができ、介助者の負担を軽減することが可能になっています。

『昇降座椅子』のレンタルまでの流れ

知っておきたい年齢が65歳以上の介護保険について!
昇降座椅子を福祉用具貸与においてレンタルするための流れは以下のようになります。

① ケアマネージャーへの相談
担当のケアマネージャーに移動用リフト(昇降座椅子)を使用したいという旨の相談を行う

② ケアプランの作成・事業者の選定
使用が妥当である場合にはケアマネージャーがケアプランを作成し、並行して昇降座椅子を取り扱っている福祉用具貸与事業者の選定を行う

③ 利用する福祉用具の選定
福祉用具貸与事業者を決定すると、その事業所の福祉用具貸与専門相談員が利用者の自宅を訪問して利用者の身体状況、生活環境、介護状況に併せた昇降座椅子の選定や提案を行ってくれます。

④ 申し込み・契約
利用する昇降座椅子が決定したら、その福祉用具貸与事業者との契約を行います。

その際に契約内容やレンタルにかかる費用等についての説明を受け、昇降座椅子を届ける場所や日時を決定します。

なお、分からないことがある場合は契約を結ぶ前にしっかりと確認しておく必要があります。

⑤ 商品のお届け・レンタル開始
あらかじめ指定しておいた場所と日時に昇降座椅子が届きますので、利用者に適合するのかという最終的なチェックや利用環境に応じた調整などを行います。使用上の注意や取扱方法などの説明を受けるとレンタル開始となります。

⑥ アフターサービス
利用している昇降座椅子の使用状況や適合状況を確認し、津年に適切な状態での使用が可能なようにメンテナンスを行ってくれます。

『昇降座椅子』の費用

医療保険のリハビリについて
介護保険を利用して昇降座椅子をレンタルする際にかかってくる費用ですが、レンタル料金は基本的に月額設定になっており、利用者は費用の1割(所得に応じて2~3割)の自己負担で昇降用座椅子を借りることができるようになっています。

昇降用座椅子の費用は備わっている費用によって異なってきますが、基本的に7,000円~20,000円程度となっており、7,000円であれば1割負担で700円、20,000円であれば1割負担で2,000円が1ヶ月にかかってくる費用となります。

まとめ

まとめ
ここまで介護保険サービスの1つである福祉用具貸与においてレンタルが可能になっている昇降座椅子とは一体何なのか、また、昇降座椅子の使い方やレンタルにかかる金額についても解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

昇降座椅子とは立ち座りを自力で行うことが難しくなった高齢者の立ち座りを安全かつ楽にするための福祉用具であり、介護保険を利用してレンタルすることが可能になっています。

ただ、解説してきたように昇降用座椅子が含まれる移動用リフトを介護保険を利用してレンタルすることができるのは要介護認定において「要介護2~5」と認定された方のみとなっていますので、疾病やその他の原因によって一定の条件を満たしている方を除いた「要支援1・2、要介護1」の方はレンタルすることができませんので注意してください。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.