ショートステイ

ショートステイ利用中の受診は誰がする?家族それとも施設?

投稿日:


 ショートステイは、短期的に施設に入所し介護・支援が受けられるサービスです。

ショートステイ利用中に受診する場合は、誰が連れていくのでしょうか?

施設に入所中であるため施設?在宅介護中であるため家族?この記事では、ショートステイ利用中の受診についてに詳しく解説します。

ショートステイの目的は?


 ショートステイとは、自宅介護中のご家族の病気、休養、冠婚葬祭などの諸事情により、介護が一時的に困難になった場合に短期間施設へ入所することができるサービスです。

 ショートステイの目的は、高齢者の心身の昨日維持・回復ともに、ご家族の身体的・精神的負担の軽減をはかり、在宅介護生活の安定に繋げることです。
 

ショートステイ利用中の受診は誰がするの?


 定期受診の場合は、ショートステイ利用日と重ならないよう別の日に受診日をずらすように対応できますが、病状が急変するなど、緊急やむを得ない場合はショートステイ利用中でも受診が必要になります。

そのような時は、誰が受診に連れていくのでしょうか?

その① 原則家族が行なう

 ショートステイ利用中の受診は原則的に家族が対応するとしている施設が多いです。

施設側から連絡があった場合は、家族はすみやかに施設に駆けつけ、受診同行する必要があります。

その② 例外的に施設が行なうこともある

 やむを得ない事情があり、家族が受診に付き添えない場合は、例外的に施設側で受診同行してくれる場合もあります。

施設の医師や嘱託医が受診に対応してくれますが、緊急の場合はかかりつけ医や救急病院に受診することもあります。

ショートステイ利用中に施設が受診する場合の心得


 ショートステイ利用中に急に具合が悪くなるなど、受診が必要になる場合があります。

前述したように、このような場合は原則的に家族が受診へ連れて行きますが、例外的に施設側が受診に対応する場合もあります。

施設が受診する際に、スムーズに受診を行うための心得について説明します。

その① 事前に医療保険証のコピー等を所持しておく

 受診する際に、医療保険証がないとスムーズに受診を行うことができません。

万が一受診をすることになったときのために、施設側は事前に医療保険証のコピー等を所持しておくと良いです。

その② 担当ケアマネジャーへの確認

 利用者の現病歴、既往歴、ここ最近の体調の変化など、事前に情報をケアマネージャーから収集しておくと良いです。

また、受診が必要になった際に、家族が対応するのか、施設側が対応するのかということも、ケアマネージャーへ確認しておきましょう。

その③ 受診前後の家族の関わり

 家族の方が受診同行できるのか確認し、難しい場合は施設側で対応します。

家族が受診同行できないとはいえ、家族には利用者の体調の変化や受診結果など、受診前後には詳しく報告をするようにしましょう。

その④ 施設と病院との連携

 ショートステイ利用中の体調の変化などを受診する病院に伝え、施設側と病院側でしっかりと連携を取る必要があります。

体調の変化があった際の利用者の状況など、施設側が病院側へ詳しく伝達するようにしましょう。

まとめ


 この記事では、ショートステイ利用中の受診について詳しく解説しました。以下にこの記事についてまとめます。

  • ショートステイとは、自宅介護中の方の介護が一時的に困難になった場合に短期間施設へ入所することができるサービスです。ショートステイの目的は、高齢者の心身の昨日維持・回復ともに、ご家族の身体的・精神的負担の軽減をはかり、在宅介護生活の安定に繋げることです。
  • ショートステイ利用中の受診は原則的に家族が対応することとなっていますが、やむを得ない事情があり、家族が受診に付き添えない場合は、例外的に施設側で受診同行する場合もあります。
  • 施設が受診に対応する場合は、医療保険証のコピー等の準備、担当ケアマネジャーへの確認、受診前後の家族の関わり、施設と病院との連携など、心得ておくことがいくつかあります。

 介護保険を利用している高齢者の方の場合、いつ体調が変化するかはわかりません。

ショートステイの利用中に急に体調変化があり、病院受診が必要な状態になる場合もあります。

そのような場合に、家族側は受診同行が可能なのかは、事前にかくにんしておくと良いです。

また、受診が必要になった時に慌てなくて良いよう、家族側も施設側も準備をしておきましょう。

 

-ショートステイ

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.