介護保険 グループホーム

グループホームにおける外部評価とは?内容や流れについてご紹介!

投稿日:


 グループホームとは地域密着型サービスの一つで、認知症高齢者を対象に少人数で共同生活をする施設です。

このグループホームのサービスの質を改善するために、外部評価というものが設けられています。

この記事では、グループホームの外部評価について詳しく解説します。

グループホームにおける外部評価の目的と基本方針


 グループホームの評価は事業所自らが実施する「自己評価」と評価機関が実施する「外部評価」から成り、この評価は国の指定基準により原則として少なくとも年に1回は実施することが事業者に義務付けられています。

 自己評価は、サービス水準の向上に向けた自発的努力と体制づくりを誘導し、その内容及び範囲において、これらの指定基準を上回るものとして設定されるものです。

一方で外部評価は、事業者が提供しているサービスの内容について、第三者の立場から客観的視点で行われる外部評価の結果と、当該評価を受ける前に行った自己評価の結果を対比して両者の異同について考察した上で、外部の評価結果を踏まえて総括的な評価を行うことにより、自らが提供するサービスの質の確保と向上を図ることを目的としています。

 各事業者は、自己評価及び外部評価の実施並びにそれらの結果の公表を行い、自らのサービスの質の改善を常に図ることが、指定基準により義務付けされますので、介護従業者が利用者に対しサービスを提供するに当たっては、評価結果を意識することが求められます。

グループホームにおける外部評価の流れ


 グループホームにおける外部評価は、複数の評価調査員により実施された「書面調査」と「訪問調査」の結果を総合した上で、評価結果を決定し、結果が通知される流れです。

その① 自己評価調査

 書面調査には自己評価調査と家族アンケートがあります。

 自己評価調査は、評価を受けるグループホームから、当該グループホームを設置・運営する法人の代表者の責任の下に、管理者が介護従業者と協議しながら実施します。

その② 家族アンケート

 利用者の家族に対し、評価を受けるグループホームを通じた「利用者家族等アンケート用紙」配布により、家族アンケート調査を行います。

その③ 訪問調査

自己評価調査と家族アンケートの書面調査を実施した後に、評価調査員がグループホームを訪問し、外部評価項目に関する 調査を行います。

その④ 評価結果の確定

 評価調査員の作成した調査結果報告書並びに調査を受けたグループホームからの意見の内容を参酌して、評価結果を確定します。

また、調査結果報告書の内容または評価を受けたグループホームからの意見等について専門的な観点から審査を行う必要があると判断した場合には、評価審査委員会を開催して意見を求め、当該意見を踏まえて評価結果を決定するものとします。

その⑤ 結果の通知

 評価結果が確定した際には、評価を受けたグループホームに評価結果報告書を送付するとともに、同報告書のうち個別項目に係るコメントを除いたものを、独立行政法人福祉医療機構運営の「福祉保健医療情報ネットワークシステム(WAM NET)」に掲載します。

グループホームにおける外部評価の費用


 ユニット数に応じ、1~3ユニット(評価調査員2名)の場合は100,000円、
4ユニット以上(評価調査員4名)の場合では150,000円となります。

訪問調査の内容について


 訪問調査では、評価調査員がグループホームを訪問し、点検や視察、ヒアリングなどを行い、調査を進めていきます。

その① 訪問調査員の人数

 訪問調査員の人数はユニット数に応じて変わります。

1〜3ユニットの場合は、訪問調査員は2名、4ユニット以上の場合は、4名となります。

その② 調査方法

 介護計画書や記録などの書類点検、実際のケアの様子を確認するためのホーム内視察、また、視察では確認できないところを職員へのヒアリングにより調査します。

その③ 調査項目

 調査項目は、「運営理念」、「生活空間づくり」、「ケアサービス」、「運営体制」に関するもので、およそ71項目あります。

まとめ


 この記事ではグループホームの外部評価について詳しく解説しました。以下にこの記事についてまとめます。

  • グループホームの外部評価は、事業者が提供しているサービスの内容について、外部評価と自己評価の結果を対比することで、サービスの質の確保と向上を図ることを目的としています。
  • グループホームにおける外部評価は、自己評価調査や家族アンケートなどの書面調査を実施した後に、評価調査院が訪問調査を行い、その結果を総合した上で、評価結果を決定し、結果が通知される流れです。
  • グループホームにおける外部評価の費用は、ユニット数に応じ、1~3ユニット(評価調査員2名)の場合は100,000円、 4ユニット以上(評価調査員4名)の場合では150,000円となります。
  • 訪問調査では、2〜4名の評価調査員がグループホームを訪問し、点検や視察、ヒアリングなどを行い、調査を進めていきます。 

 グループホームでは外部評価を実施することで、自己評価と外部評価の評価結果を対比し、グループホームのサービスの質の向上を図っています。

このように外部評価を取り入れることで、安定したサービスの質を保つことができ、預ける家族の立場としては安心できます。

家族がグループホームに入所する場合は、そのグループホームの外部評価がどのようなものなのか、職員に尋ねてみるとより安心して家族を預けることができそうです。

-介護保険, グループホーム

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.