介護保険

介護タクシーでリクライニング車椅子が利用できる?長距離ならより安心!

更新日:


介護タクシーは車椅子の人でも利用ができるタクシーですが、車椅子に座ることのできない寝たきりの方の場合はどうなるのでしょうか?

普通型車椅子に座れない人でもリクライニング車椅子で利用することができます。この記事では、介護タクシーのリクライニング車椅子の利用について、詳しく解説します。

介護タクシーの種類について


介護タクシーとは、要介護者や体の不自由な人が利用するためのタクシーのことです。

主に車いすやストレッチャーのまま乗車できる車両を使用して、移動だけでなく運転手が利用者の介助を行う点が大きな特徴です。

運転手は必ずホームヘルパーなどの資格を取得しており、乗降の不安を感じることなく、車椅子の方でも快適に利用することができるようになっています。

車椅子の方のための介護タクシーの種類は車両に応じて3つに分けられています。

1)軽自動車タイプ

軽自動車タイプは小回りが効くため、狭い場所であっても乗降が楽ですが、揺れが大きいため長距離の移動には適していません。
 

2)普通車兼用タイプ

依頼から利用までの対応が素早いですが、兼用のため車内が若干狭く感じる場合があります。

3)リフト付き専用タイプ

大型車両のため、車椅子の方以外に複数人が乗ることができ、揺れも少なく抑えられています。

どのような場合に介護タクシーが便利か


介護保険適用となる対象者は、自宅、有料老人ホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者向け住宅などで生活していて、1人でバスや電車などの公共交通機関に乗ることができない要介護1~5の人です。

要支援と認定された方は利用ができません。

介護保険適用の場合「日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出」と定められており、下記のように利用目的が限定されています。

  • 通院(受診、リハビリ等)
  • 補装具・補聴器・メガネなど本人自身でなければならない調整や買い物
  • 預金の引き下ろし
  • 選挙投票、公共機関における日常生活に必要な申請や届け出

このように、日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出だけ介護保険が適用され、仕事や趣味嗜好などの目的に利用することはできません。

その① 買い物

普通のタクシーではお店までは連れて行ってもらえますが、介助はしてはくれません。

介護タクシーの場合では、お店までの移動した後、お店に一緒に入り、買い物を手伝ってくれたり、荷物を持ってくれるなど、介助を行ってくれます。

その② 通院

基本的には家のベッドから病院、また家のベッドまで移送を行うことになっています。

外出準備の手伝いや、消灯・施錠の確認も行います。病院に着いたら病院の担当者のところまで利用者の移動を介助してくれ、料金の支払いを終えて介助終了です。

病院から自宅についても同様に、自宅のベッドまで移送を行ってくれます。

その③ 冠婚葬祭

親戚の法事、結婚式などの冠婚葬祭の際にも介護タクシーが利用できます。

介護タクシー事業者によっては、他県への冠婚葬祭の送迎も行っているところもあります。

また、付き添いの方の都合がつかない場合は、ヘルパーの付き添いも可能です。

この場合は介護保険適用ではなく、全額自己負担となります。

その④ その他

日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出の場合は介護保険が適用されます。

それ以外の趣味嗜好などの目的で介護タクシーを利用したい場合は、全額自己負担となりますが、介護保険適用でなければ、利用することができます。

特に目的はないけれど、気晴らしにどこかにドライブへ連れて行ってほしい、観光へ行きたいといった要望も可能です。

介護タクシーの利用方法


介護タクシーは原則ケアプランに則っての利用となるため、まずは担当のケアマネージャーへ相談する必要があります。

また、完全予約制であるため、予約をする必要があり、原則として急に介護タクシーを利用することはできません。

利用の前に介護タクシー会社へ連絡する際には、利用する方の介護情報を詳しく伝える必要があります。その程度に応じてタクシー会社側の準備も異なります。

介護タクシーは車椅子の方を始め、障害を持つ方や高齢の方のための移動サービスですが、移動の部分については、介護保険の対象とはなりません。

一方「通院等乗降介助」にかかる費用については、介護保険の対象となり、1~3割の自己負担でサービスを受けることができます。

介護タクシーの利用に係る費用としては、タクシー料金(全額負担)+通院等乗降介助(1~3割負担)となります。

介護タクシーには「通院等乗降介助」のサービスがあります。

サービスの中身は次の通りです。

介助の範囲はケアプランで決まるため、利用目的をケアマネジャーにしっかり伝えることが大事になります。
 

その① 出発の準備

  • 介護タクシーが利用者宅まで迎車
  • 着替えなどの外出準備介助
  • タクシーまでの移動と乗車の介助

その② 運転

  • 目的地までの運転

その③ 現地到着

  • 降車介助、目的の場所までの移動介助
  • 通院時は受付及び受診科までの移動介助と病院スタッフへの声かけ(病院内介助は病院スタッフの役目とされる)
  • 受診後の会計や薬の受け取りサポート

その④ 運転

  • 利用者宅までの運転

その⑤ 帰宅後

  • 降車介助、室内までの移動介助
  • 必要に応じて着替えやおむつ交換など

長距離や座位保持が難しければリクライニング車椅子が便利


普通型車椅子は背もたれが肩までしかないため、体幹や頸の筋力が弱い方の場合は、座位保持をすることが難しい場合があります。

このような場合は、背もたれが頭まであるリクライニング車椅子が便利です。

その① リクライニング車椅子とは

リクライニング車椅子とは、背もたれの角度が調整できる車椅子のことです。

リクライニング車椅子には、「リクライニング式」と「ティルト式」の2種類があります。

「リクライニング式」は背もたれのみの角度の調整ができる車椅子であり、 「ティルト式」は、背もたれと座面の角度の調整ができる車椅子です。

ティルト式の方がすべり座りになりにくいです。

その② リクライニング車椅子のメリット

「リクライニング式」は、頭部まで背もたれがあり、仰向けに近い休息姿勢をとることができます。

障害によって、姿勢の変換が必要な方や、障害によるバランス機能の低下のサポートができます。

具体的には、頸髄損傷者による低血圧性発作を起こしやすいため、随時に仰臥姿勢をとる必要のある方、リウマチ性の障害などにより四肢や体幹に著しい運動制限があって座位を長時間保持できないものの、随時横になった姿勢をとることにより座位での生活動作を回復できる方、首の筋力低下により頭を支える必要がある方、嚥下障害などによる誤嚥防止のため座位よりも臥位に近い体制での食事摂取が必要な方としています。

一方「ティルト式」は、座面と背部の角度を保ったまま車椅子全体が後方へ傾くため、お尻や太ももにかかる圧を背中や腰へ分散することができるため、楽に座り続けることができます。

具体的に、長時間の座位姿勢により褥瘡発生のリスクがある方、脳性まひや進行性の筋肉神経系の疾患による四肢麻痺で体幹の支持する力がない方、頸髄損傷など姿勢に関連した低血圧、心不全などの循環障害がある方、同じ姿勢で長時間座ることが困難な方、呼吸機能が低下しているという方に効果があるとされています。

リクライニング車椅子のメリットを以下に紹介します。

  • 頭の部分に支えがあるため、頭を安定させることができる。
  • 普通の車椅子よりも背もたれの部分が広いため、圧を分散でき、長時間座っていても疲れにくい。
  • ひじ掛けの部分やフットレストの部分が取り外し可能なものが多いため、身体の大きい要介護者でも、普通の車椅子より楽に移乗介助をすることができる。

その③ リクライニング車椅子で依頼する方法

普通型車椅子の場合は、軽自動車でも車椅子のまま乗車することができ、ほとんどの介護タクシー会社で車椅子をレンタルすることができます。

一方リクライニング車椅子の場合は、ストレッチャー対応の介護タクシーで乗車可能ですが、車両によってリクライニングの角度が制限されたり、大きさによっては乗車できない場合もありますので、予約時に確認が必要です。

一部の介護タクシー会社ではレンタルも対応しています。

また、リクライニング車椅子 は介護保険を利用してレンタルすることが可能です。

相場は700円~1500円ほどとなります。

リクライニング式、ティルト式で値段の差は見られません。

リクライニング車椅子で依頼する場合には、必ず介護タクシー事業者にその旨を伝え、確認をするようにしましょう。

まとめ


 この記事では介護タクシーのリクライニング車椅子の利用について、詳しく解説しました。以下にこの記事の内容について、まとめます。

  • 介護タクシーとは、要介護者や体の不自由な人が利用するためのタクシーのことで、 主に車いすやストレッチャーのまま乗車できる車両を使用して、移動だけでなく運転手が利用者の介助を行う点が大きな特徴です。
  • 介護保険適用となる対象者は、在宅で生活していて、1人でバスや電車などの公共交通機関に乗ることができない要介護1~5の人です。保険適用の場合の利用目的は「日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出」と定められています。
  • リクライニング車椅子とは、背もたれの角度が調整できる車椅子のことで、長距離や座位保持が難しければリクライニング車椅子が便利です。
  • リクライニング車椅子には、頭が安定する、圧が分散し長時間座っていても疲れにくい、楽に移乗介助ができるなどのメリットがあります。

通院や買い物など、車椅子の方も日常生活において、様々な外出が必要です介護タクシーであれば移送だけでなく介助サービスも受けることができ、家族が付き添いできない場合でも安心です。

介護タクシーは車椅子の方が充実した生活を送るにあたって大切便利なサービスです。

利用目的によっては、介護保険も適用されるため、まだ利用したことがない人はぜひ利用を検討されてみて欲しいと思います。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.