介護保険

介護保険適用外の『介護タクシー』と介護保険適用の『福祉タクシー』の情報を大公開!

更新日:

普段車椅子や寝たきりの生活をしている方が受診などの為に外出するときに利用できる『介護タクシー』。

実は介護保険の対象となるものとならないものがあるのはご存知でしたでしょうか?

その違いや、境界線はどこ?など様々な疑問が生じる思います。

そこで今回は、知られざる『介護タクシー』の仕組みについてご紹介していきます。

介護保険適用外の『介護タクシー』について

そもそも『介護タクシー』とは、法律上定められた名称ではありません。

そのため、一口に介護タクシーと言っても、介護保険対応のものと対応していないものがあります。

実際に利用を検討する際は担当のケアマネジャーさんに相談するなどして、専門家の方から間に入ってもらう必要があります。

ここでは、区別するために介護保険適用“外”の送迎サービスを『介護タクシー』として説明していきます。

その① どんな人が利用できるのか

介護保険対象のタクシーは、その性質上様々な制約や利用条件があります。

しかし、介護保険対象外の介護タクシーを利用するための要件としては、要支援や要介護等の要介護認定を受けている方や、心身に障がいがあり障害者手帳を交付されている方等が対象となります。

“福祉有償移送”などというサービスもこれに含まれます。

家族の同乗や病院内での付添もサービスに含めることが出来る事業所もあります。

その② どんな時に利用するのか

介護保険適応外の介護タクシーであれば、基本的に制約はありません。

通院だけでなく、個人的な用事を足したり、習い事や理美容室の利用、ドライブなど様々なニーズに柔軟に対応することが出来ます。

通常のタクシーと同じような感覚で利用できると考えてもよいでしょう。

ただし、人気のサービスとなっており、そもそもが車いす生活の方や常時寝たきりでストレッチャーで移動しなければならない方を対象としているため、専用の車両を使用することになります。

そのため、通常のタクシーのように事前予約なしでも呼んだら来てくれるというケースはほとんどないでしょう。

事前の予約は必須です。筆者は介護支援専門員として、担当する利用者の通院のためにこの介護保険外の介護タクシーを手配することもありますが、通常は1か月前から予約となっており、それでも予約が取れない事もあるくらいです。

その③ どんな人が支援(運転)してくれるのか

介護保険外の介護タクシーについては、担当するスタッフについて具体的に資格を求めるといった要件がありません。

なかには、“使用する車両のリフトやウインチなどの乗車装置の操作を覚えている”程度の介護技術の方もいると考えられています。

心配な方や、移動手段だけでなく前後に身体介護のような内容を依頼する場合は事前に業者に確認する必要があります。

また、合わせてこちらの要望に対応できるかどうかも確認しましょう。
 

その④ 具体的にどんな事をしてくれるのか

先ほども少し触れましたが、通常のタクシーのように呼ばれたところに迎えに行き、乗車のための支援を行います。

車イスもしくはストレッチャーごと車に乗車

固定し安全を確保したうえで目的地まで送迎

車からの降車を介助

これが基本的な流れになります。

これ以外にも、要望や事業者の体制によっては外出する時に火の始末を確認する、玄関の施錠をするなどの簡単な介助を行ってくれる場合もあります。

また、行き先が買い物や通院の場合は付き添ってくれる場合もあります。

但し、特に外出前の身支度やトイレ介助といった、介護保険の訪問介護で行うレベルのような本格的な身体介護は対応してくれない為、その部分はヘルパーさんを使ってくださいと断られる場合もあるでしょう。

どちらにせよ、介護保険適応外であれ介護タクシーを必要としている方であれば殆どの方にケアマネジャーさんがついているはずです。まずは担当の方に相談してみるのがよいでしょう。

その⑤ 料金はいくらぐらいか

利用料金は、大きく分けると“運賃”・“介助料”・“車いすやストレッチャー等の使用料”の3つを合算した金額になります。

運賃は、時間制運賃(1,000円/30分、500円/30分で以降30分毎に1,000円 等)の場合と、距離制運賃(2km750円+1km毎に300円)の場合があります。

ただ、通常のタクシーと同じくらいのメーター料金で請求される場合も多いようです。

例えば観光や冠婚葬祭などで長時間に渡って運転手や車両を拘束する必要がある場合には〇時間で〇万円などといった金額になる場合もあります。

他に待機が必要とされる場合は待機料が加算される場合もあります。

介助料については、介護保険適応外の場合は完全に業者が設定する料金になりますので、その事業者によって大きな違いがあります。

内容にもよりますが、30分単位で1,000円程度の単価設定になっているところが主流のようです。

詳しくはお近くの業者に問い合わせてみるとよいでしょう。

福祉用具の使用料については、もちろんすでに自身でレンタルしているなどの場合は必要ありませんが、ストレッチャーで移動しなければならない方の場合は、車両ごとに定められた規格のストレッチャーでないと固定できませんので、必然的に料金が発生するでしょう。

ストレッチャーの場合は、筆者調べで3,000~5,000円程度となっているところが多いようです。これは地域差もあるでしょう。

介護保険適用の『福祉タクシー』について

先にもご紹介しましたが、介護タクシーとは法律的な名称ではありません。介護保険適応の介護タクシーは、正式名称として“通院等乗降介助”という名称があり、訪問介護サービスの一種として提供されます。

タクシー会社がたまに訪問介護事業所の指定を受けているのにはこういう理由があるのです。

前の段落で介護タクシーという名称を使用しましたので、ここでは区別するために介護保険対応の送迎サービスを『福祉タクシー』としてご紹介しましょう。

その① どんな人が利用できるのか

介護保険対応の福祉タクシーの場合は、厳密に利用できる方が定められています。

要介護1~5の方が対象になります。

在宅の方が対象のサービスで、例えば特別養護老人ホームや介護老人保健施設に入居している方は対象になりませんが、有料老人ホームやケアハウス、サービス付き高齢者向け住宅などで生活していて、1人で公共交通機関を利用するのが困難な方であることをケアマネジャーが認めれば、利用することが可能になります。

その② どんな時に利用するのか

介護保険適応の介護タクシーの場合、「日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出」という決まりがあります。

具体的には、

  • 通院(受診やリハビリ等)
  • 補装具・補聴器・メガネ等の本人自身が伴わなければ行うことが出来ない調整や買い物
  • 預金の引きおろし
  • 選挙投票、公共機関における日常生活に必要な申請や手続き

などの日常生活上または社会生活上必要な行為に係る外出のみ利用することが認められています。

そのため、仕事や趣味などの目的に利用することはできません。

なお、通院等乗降介助を利用することがケアプランに記載されて初めて利用することが出来るので、利用の際は必ず担当のケアマネジャーに連絡して対応してもらうことになります。

その③ どんな人が支援(運転)してくれるのか

介護保険保険対応の介護タクシーは、訪問介護における通院等乗降介助というサービスであるということはお伝えしました。

つまり、サービス提供を行う支援者はしかるべき資格を持った介護対応可能なスタッフということになります。

少なくとも、初任者研修(旧ホームヘルパー2級)等の基礎的な資格は保有しています。

その④ 具体的にどんな事をしてくれるのか

介護保険対応の介護タクシーが行ってくれる介助は、下記のようになっています。

ただし、介助の範囲はその方の心身状況に応じて変わってきますので、担当のケアマネジャーさんとしっかり話し合うことが重要です。

【出発前】

  • 利用者自宅まで迎えに行く
  • 着替えなどの外出準備
  • 車輛に乗車するまでの移動介助

【運転】

  • 目的地までの運転

【目的地到着後】

  • 降車介助
  • 目的の場所までの移動介助
  • 通院時の受け付け及び診療科までの移動介助と病院スタッフへの引継ぎ
  • 受診後の会計や薬受け取りの介助

【運転】

  • 利用者宅に帰宅するための運転

【帰宅時】

  • 降車介助、室内までの移動介助
  • 着替えやオムツ交換等

ここで気を付けるべきことは、受診している間に必要な介助は行わないという点です。

基本的に医療機関内の介助は病院スタッフが行うこととされていますので、逆に基本的にはヘルパー等が介助することは認められていないのです。

その⑤ 料金はいくらぐらいか

料金の大まかな考え方は、基本的に介護保険適応外の介護タクシーと同様です。

異なるところは、「タクシーの運賃+介助料+介護用品使用料」のうち介助料の部分です。

この部分が介護保険で定められている料金で、1割負担の方の場合は1回100円ということになります(令和元年9月現在)。

これは往復それぞれに課金されます。なお、外出前後の準備に時間がかかるときは通常の訪問介護である「身体介護」や「生活援助」として取扱われるの場合があり、この場合はもう少し料金が上がることになります。

そのため、具体的にどの部分にどのくらい介助が必要なのかということを事前にシュミレーションしたうえでケアマネジャーやサービス提供事業者と綿密に打ち合わせ、ケアプランに反映させてもらうことが重要になります。

まとめ


このように、「介護タクシー」と一口に言っても、実際には介護保険対応のものと介護保険適応外のものがありました。

名称も法律で明確に区別されているわけではなく、介護保険対応のタクシーには“通院等乗降介助”という別名がある程度です。

介護保険対応のものは料金が比較的安価ですが、その利用目的が限定されたり、利用手順が複雑であったりするという側面があります。

介護保険適用外のサービスは、利用者の希望に合わせて柔軟に対応してもらうことができる一方、予約が大変だったり利用料金が介護保険対応のサービスと比べて高かったりする特徴があります。

どちらの場合も、事業所選定のポイントは料金設定の透明さや、運転者の技量や人柄が重要になってきます。

それぞれの特徴を活かしつつ、有効に活用していきたいですね。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.