介護保険

介護保険施設の相場を大公開!オムツ代や洗濯費が含まる施設は?

投稿日:

介護保険施設の相場を大公開!オムツ代や洗濯費が含まる施設は?

生活拠点を施設へ移す介護サービスには、いくつかの種類が存在します。

介護保険施設か民間の介護施設なのかによって、料金が大きく異なります。

さらに同じ介護保険施設であっても、施設の種類ごとに料金相場が変化します。

今回は介護保険施設、民間の介護施設の料金について解説していきます。

介護保険施設や民間の介護施設の利用を検討している方は、ご参考になさってください。

介護保険施設の料金の相場

介護保険施設の料金の相場

はじめに介護保険施設の料金について、解説していきます。

原則的に介護保険施設の料金は、以下の費用で構成されています。

gg0549 表①

施設サービス費と各種加算は、介護保険の給付対象です。

利用者は料金の1割から3割を負担することになります。

病院などの医療機関を受診した時に発生する、料金をイメージしていただければ、理解の助けとなるでしょう。

施設サービス費は介護保険サービスを利用したときの、基本料金のようなものです。

介護サービスを利用する限り、施設サービス費は必ず発生します。

各種加算は施設の職員配置や、提供されるサービスによって発生する費用です

施設ごとに算定している加算は異なります。

居住費・食費、その他の費用は利用した分だけ、料金が発生します。

その他の費用の取り扱いについても、施設によって違います。

その他の費用や各種加算についてわからないことは、施設への担当窓口へ確認したいところです

介護保険施設の入所にあたり、入居一時金などの初期費用は必要ありません。

なお今回紹介する料金は相場であるため、地域や施設の規模によって具体的な金額が異なります。

紹介する料金は目安として、ご参考になさっていただければ幸いです。

その① 特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム(特養)の料金の相場は、以下の通りです。

gg0549 表②

※居住費・食費は第4段階で算定

上表にある通り、特養における食費は1日あたりの料金になります。

外出や体調不良により、食事を取らなかったとしても、1日のうちいずれかの食事が提供されれば料金が発生します。

例えば家族と日中外出し、施設での食事が夕食のみであったとしても、1日分の食費が請求されます。

その② 介護老人保健施設

介護老人保健施設(老健)の料金の相場は、次の通りです。

gg0549 表③
※居住費・食費は第4段階で算定

老健は自宅での生活復帰を目的とし、日々の生活を送る施設です。

食事や入浴、排せつ介助の他に、理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職による、リハビリテーションが提供されます。

その③ 介護療養型医療施設

介護療養型医療施設の料金相場を確認していきましょう。

gg0549 表④

※居住費・食費は第4段階で算定

介護療養型医療施設は2018年3月末をもって、廃止になることが決定されています。

2018年4月以降は、後の項目で紹介する介護医療院が、介護療養型医療施設の役割を担うことになります。

その④ 介護医療院

介護医療院の料金相場は以下の通りです。

gg0549 表⑤

※居住費・食費は第4段階で算定

先ほど紹介したように、介護医療院は介護療養型医療施設に代わり、法定化された施設です。

介護医療院は医療が必要な要介護高齢者を対象とした、長期的な療養・生活施設となっています。

民間の介護施設の料金の相場

民間の介護施設の料金の相場

つづいて民間の介護施設を利用した際の、料金相場をご紹介していきます。

民間の介護施設の料金構成は、以下の通りです。

gg0584 表⑥ - コピー

介護保険施設と料金構成が異なるのは、一般型のサービス付き高齢者向け住宅や住宅型有料老人ホームです。

詳しくは当該施設の項目で解説していきます。

今回解説していく民間の介護施設を利用するに際し、初期費用が掛かることがあります。

介護保険施設の項目でも紹介した通り、今回紹介する料金は相場となっています。

具体的な利用料金は、地域や施設の規模によって異なります。

紹介する料金は目安として、参考にしていただければ幸いです。

その① サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、一般型と介護型にわかれます。

一般型、介護型の料金の相場は以下の通りです。

gg0549 表⑦

※介護サービスを利用する場合には、外部の事業所を利用したときの費用が別途発生します。

gg0549 表⑧

一般型のサービス付き高齢者向け住宅に住みながら、介護サービスも利用したい場合には、外部の介護サービス事業所を活用する必要があります。

サービス付き高齢者向け住宅に掛かる費用の他に、外部の介護サービスを利用したときの料金も発生するため注意が必要です。

一方で介護型では施設スタッフから直接介護サービスが提供され、都道府県知事から特定施設の指定を受けた施設が該当します。

その② グループホーム

グループホームの料金相場は、次の通りです。

gg0549 表⑨

グループホームは認知症を患った方向けの施設で、他の利用者と共同生活を送ります。

その③ 有料老人ホーム

有料老人ホームは、住宅型と介護付きに大別されます。

住宅型、介護付き以外にも健康型の有料老人ホームがあります。

健康型は自立状態の方を対象としており、要介護状態になった場合には退居しなければなりません。

健康型の有料老人ホームは要介護者を対象とした施設ではないため、今回は除外しさせていただきます。

住宅型では施設職員ではなく、外部の事業所により介護サービスを受けることになります。

それに対して介護付きは、都道府県知事より特定施設の指定を受けた施設で、施設職員が介護サービスの提供を行います。

有料老人ホームの料金の相場は以下の通りです。

gg0549 表⑩

※介護サービスを利用する場合には、外部の事業所を利用したときの費用が別途発生します。

gg0549 表⑪

おむつ代や洗濯費が含まれる施設

おむつ代や洗濯費が含まれる施設

おむつ代が利用料金に含まれる施設は、介護保険施設です。

ただし個人が希望したおむつを使用する場合には、別途料金が発生する可能性があります。

また介護保険施設であれば、原則的に日常生活で必要となる衣類の洗濯代は、施設料金に含まれています。

ただし施設によって、洗濯費の扱いが異なるケースがあります。

おむつ代や洗濯代に関して気になる方は、施設の担当者へ問い合わせすることを強くおすすめします。

少しでも料金を安くする方法

少しでも料金を安くする方法

少しでも料金を安くする方法をいくつか紹介していきます。

高額介護サービス費支給制度や高額介護合算療養費制度、負担限度額認定を活用することにより、利用料金の負担を減らせる場合があります。

各制度のあらましは以下の通りです。

gg0549 表⑫

なお上表で紹介した各制度は、施設によって適用できないケースがあります。

介護保険施設や民間の介護施設を利用する前に、各制度が適用になるかどうか確認しましょう。

まとめ

まとめ

介護保険施設や民間の介護施設の料金相場や、おむつ代・洗濯費の取り扱い、利用料を安くできる制度について解説してきました。

介護保険施設や民間の介護施設の利用料金について、理解が深められたのではないでしょうか。

介護保険施設の相場についてまとめると

  • 介護保険施設は初期費用が必要なく、毎月発生する料金の相場は約9万円から約15万円ほどである。
  • 民間の介護施設は、初期費用が必要なケースがあり、月々の利用料金の相場は、約13万円から約20万円となっている。
  • 介護保険施設を利用すれば、原則的におむつ代は利用料金に含まれるが、おむつ代や洗濯費は施設によって取り扱いが異なるため、確認したほうがよい。

ということがあります。

今回紹介した料金は大まかな目安ですので、具体的な利用料金は施設がある地域や、施設の規模によって異なります。

介護保険施設や民間の介護施設の利用を検討するときには、具体的な利用料金について、施設の担当者へ確認するように心がけましょう。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2022 All Rights Reserved.