介護保険 リハビリ

【保存版】介護保険のリハビリを一番分りやすく説明!医療保険との違いも教えます!

更新日:


リハビリといえば病院で受けるものと思われがちですが、高齢化が進む中、リハビリは医療から介護の領域へ移行しています。

介護保険で受けるリハビリについて、医療保険との違いも含めて、詳しく解説します。

そもそもリハビリってなんだろう?


リハビリとは、リハビリテーション(Rehabilitation)の略語で、その語源はラテン語で、re(再び、戻す)+habilis(適した、ふさわしい)から成り立っています。

すなわち「再び適した状態になること」、「本来あるべき状態への回復」などの意味を持ちます。

WHO(世界保健機関)による定義では、リハビリテーションとは、能力低下やその状態を改善し、障害者の社会的統合を達成するためのあらゆる手段を含んでいます。

リハビリテーションとは、障害者が環境に適応するための訓練を行うばかりでなく、障害者の社会的統合を促す全体として環境や社会に手を加えることも目的としています。
 

その① 機能訓練だけを指すのではない

リハビリテーションと聞くと、病院でよく目にする関節や筋肉の訓練などの機能訓練を思い浮かべると思います。

しかし、リハビリテーションとは単に機能訓練だけを指すのではなく、基本的な日常生活動作、さらには広い意味ででは社会生活を取り戻すことを意味します。

「自分らしく生きること」や「社会生活を取り戻すこと」が重要で、そのために行われるすべての活動がリハビリテーションとなります。

その② チーム医療・チームケアが重要

リハビリテーション医療は多くの専門職によるチーム医療です。

リハビリテーション専門医が診察を行い、 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、義肢装具士、医療ソーシャルワーカーなどの各専門職に指示を出します。各専門職は指示に基づき障害度を評価し、訓練などを行います。

チーム医療においてケースカンファレンスは欠かせないものです。

チーム医療に関わる全てのスタッフが集まり、定期的にカンファレンスを行います。

患者や家族を含め、医師、看護師、各療法士の意思統一とゴール設定を行います。

また、高齢化社会の到来と地域ケアのニーズの増大に対応し、退院前訪問指導を実施し、住宅改修のアドバイスや家族へ介護方法の指導を行ったり、市町村の保健師と連絡をとりあうなどして、病院と地域との懸け橋の役割も重要です。

介護保険のリハビリの専門家


介護保険でのリハビリには、施設に通ってリハビリを受ける通所リハビリと、自宅でリハビリを受ける訪問リハビリがあります。

その他に施設に入所してリハビリを受ける入所リハビリもあります。

これらのリハビリを実施する専門家には理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師などがいます。

以下にこれらの専門家について、詳しく説明します。

その① 理学療法士

理学療法士は、「理学療法士及び作業療法士法」にもとづく国家資格です。

理学療法士はPT(Physical Therapist)と呼ばれることもあります。

理学療法とは、同法第2条1項において「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること」とされており、理学療法士は、同法第2条3項において「厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、理学療法を行なうことを業とする者」と位置づけられています。

理学療法士は、主に身体に障害を持つ方に対して、寝返る(体位変換)・起きる・立つ・座る・歩くなどの基本的な身体の能力回復や改善を目標として、動作訓練などを行います。

また、新たにこれからの能力を獲得するための練習などをしています。

そして、障害を持った方々とその家族が安楽かつ安全に生活を送れるよう、補装具の作成や車椅子の調整などに関わっています。

また、自宅での生活について、必要に応じて実際に自宅に伺い、住宅改修のための助言なども行います。

その② 作業療法士

作業療法士は、「理学療法士及び作業療法士法」にもとづく国家資格です。OT(Occupational Therapist)と呼ばれることもあります。

作業療法とは、同法第2条2項において「身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせること」とされており、作業療法士は同法第2条4項において「厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、作業療法を行なうことを業とする者」と位置づけられています。

作業療法士は、病気や事故のために、身体や精神に障害を負った方々に対し、今後生活していくための問題を的確に評価し、様々な活動を用いて治療を行います。

また、障害があっても残された能力を最大限活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰を目指した訓練を行います。

さらに、在宅の障害者やその家族の方々が生活しやすいようい指導、援助を行います。

また、作業療法士は精神科領域でも活躍しており、病気や障害により「生活のしづらさ」を抱える方に対し、スポーツ、歌、創作活動などの楽しみ活動や料理、畑作業などの生活に関連した活動を用い、よりその人らしい生活を取り戻してもらう支援を行います。

その③ 言語聴覚士

言語聴覚士は、「言語聴覚士法」にもとづく国家資格です。言語聴覚士はST(Speech Therapist)と呼ばれることもあります。

言語聴覚士は、同法第2において「音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」と位置づけられています。

言語聴覚士は、聞く・読む・話す・書くなど、コミュニケーションに障害のある方、食物の飲み込みが難しい方を対象としています。

脳血管障害、神経内科疾患(ALS・パーキンソン病など)などにより、失語症(言葉が出ない、話しにくい、理解しにくい)、構音障害(呂律が回らない、はっきりと発音することが難しい)、音声障害(声が小さい、声がかすれる)、高次脳機能障害(物の使い方がわからない、左側の物を見落とす、注意散漫、集中できない、記憶力の低下)、嚥下障害(食事中にむせる、咀嚼しにくい、飲み込みにくい)などの障害がある方に対して能評価・訓練・援助、ご家族など周囲の方々への助言・援助を行います。

その④ 柔道整復師

柔道整復師とは、「柔道整復師法」にもとづく国家資格です。

昔から「ほねつぎ」「接骨師」として広く知られています。

接骨院や整骨院では、柔道整復師によって、骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる外傷性が明らかな原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる施術を行います。

介護保険のリハビリの目的


リハビリには医療保険と介護保険があり、それぞれにリハビリの目的が異なります。

医療保険のリハビリの目的は、病気やケガによって損なわれた心身の機能・能力の回復や日常生活への復帰です。

介護保険のリハビリの目的は、「日常生活全般をリハビリと捉えた機能維持」です。

現在の心身機能や能力を維持し、衰えを防ぐことにも重点を置いています。

高齢者にとっては、外出や人と接する機会が少なくなるため、デイサービスなどで他者との関わりを持ち、コミュニケーションを取ることも重要なリハビリのひとつとなっています。

介護保険のリハビリの内容


介護保険のリハビリは、下記の3種類に大きく分けられます。

①施設に通うリハビリ

施設に通うリハビリには、デイケア(通所リハビリ)、デイサービス(通所介護)があります。

デイケアとデイサービスはかなり似通った介護サービスであり、どちらも利用者が施設に一定の時間滞在して機能訓練などのリハビリや食事、入浴といったサービスを受ける点は共通しています。

しかし、デイケアがおもに機能回復のためのリハビリに重点を置いているのに対し、デイサービスでは日常生活の支援や、施設での他者との交流を通した楽しみづくり・生きがいづくりを重視するなど、それぞれの施設の目的は異なったものとなっています。

②自宅で行うリハビリ

自宅で行うリハビリは訪問リハビリテーション、訪問看護(訪問看護ステーションにおける理学療法士等の訪問リハビリ)があります。

訪問リハビリでは、ケアマネジャー(介護支援専門員)などが作成するケアプランに基づき、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったリハビリの専門職員が利用者の自宅を訪問して、歩行練習や日常生活動作の訓練、身体機能の維持・回復のためのトレーニングなどのリハビリをおこないます。

なお訪問リハビリは医師の指示に基づいておこなわれるため、リハビリを受ける際には医師による指示書が必要となります。

訪問看護におけるリハビリ(訪問看護ステーションにおける理学療法士等の訪問リハビリ)は看護業務の一環としておこなわれるリハビリであり、訪問看護ステーションから看護師の代わりに理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が訪問し、利用者の心身の状態をチェックし、その状態に即したリハビリをおこないます。

なお訪問看護におけるリハビリは、病状などによって介護保険ではなく医療保険が適用される場合もあります。

③施設に入所して行うリハビリ

高齢者が入所してリハビリをおこなうことに重点を置いた施設に、介護老人保健施設があります。

介護老人保健施設は、病院と自宅を結ぶ中間に位置づけられる施設であり、たとえば病気やケガで入院した際、退院後すぐに自宅に戻って生活するのが不安な場合などに、要介護の認定を受けた人であれば、老健に一定の期間入所してリハビリを受けることができます。

また理学療法士や作業療法士といったリハビリの専門職員の配置が義務づけられているため、医師の監修のもとで専門的なリハビリが受けられるというメリットもあります。

特別養護老人ホームなどでも施設によってはリハビリ専門職を配置しており、リハビリを受けられる場合がもあります。

しかし、介護老人保健施設は、在宅復帰を目指す施設であるのに対し、特別養護老人ホームは、寝たきりなど重度の介護にも対応しており、終身利用が可能であるため、リハビリは身体・生活機能の維持やレクリエーションなどが中心となります。

リハビリにおける介護保険と医療保険の違い


医療保険によるリハビリは、外来(通院)や入院など病院で行われます。その目的は主に病気やケガによって損なわれた心身の機能・能力の回復や日常生活への復帰とされています。

通常、リハビリを行う医療機関には理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったリハビリの専門職がおり、医師による治療と併せて、病気やケガの状態に応じた機能訓練などの多様なリハビリを受けることができます。

しかし、医療保険のリハビリは受けられる期間に限りがあり、長期に渡ってリハビリを行うことは難しいです。

介護保険によるリハビリは、要介護認定を受けることにより、少ない自己負担(1〜3割)で、様々なリハビリのサービスを受けることができます。

医療保険によるリハビリとは違い、介護保険によるリハビリには期間に限りがなく、長期に渡ってリハビリを受けることが可能です。

そのため、医療機関でのリハビリを終えた人が介護施設でのリハビリに切り替えてリハビリを継続するというケースが多いです。

介護保険のリハビリには、施設に通う通所リハビリや、自宅で行う訪問リハビリ、施設に入所して行う入所リハビリがあります。

制度上医療保険に比べ介護保険では、リハビリの専門職は少ない配置となっているため、介護福祉士や看護師といった職種が機能訓練や運動指導を担当することも多いです。

まとめ


この記事では介護保険のリハビリ、医療保険との違いについて、詳しく解説しました。

以下にこの記事の内容について、まとめます。

  • リハビリテーションとは、単に機能訓練だけを指すのではなく、基本的な日常生活動作、社会生活を取り戻すことを意味し、そのために行われるすべての活動を指します。
  • リハビリテーションの専門家には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師などがいます。それぞれ専門性が違い、リハビリの内容も異なります。
  • 介護保険のリハビリには、施設に通う「通所リハビリ」、自宅で行う「訪問リハビリ」、施設に入所して行う「介護老人保健施設でのリハビリ」があります。
  • 医療保険によるリハビリの目的は、主に病気やケガによって損なわれた心身の機能・能力の回復や日常生活への復帰です。一方、介護保険によるリハビリは、要介護認定を受けることにより、少ない自己負担(1〜3割)で、様々なリハビリのサービスを受けることができます。医療保険によるリハビリは受けられる期間には限りがありますが、介護保険によるリハビリには期間に限りがなく、長期に渡ってリハビリを受けることが可能です。

病院の病床は減り、平均在院日数は短縮していき、リハビリテーションは医療保険から介護保険へとシフトされています。

リハビリを受ける場所も病院から地域、在宅へと変わっています。

今まではリハビリといえば病院での機能訓練でしたが、これからは地域での介護保険でのリハビリが重要となってくるでしょう。

-介護保険, リハビリ

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.