介護保険 リハビリ

リハビリテーションを大解剖!医療保険と介護保険の違いは?

投稿日:

読者の皆様は、リハビリテーション(以下、リハビリ)はどこで受けるイメージがあるでしょうか?

開業医の整形外科や大病院のリハビリ室、介護施設など様々です。

実はリハビリには種類があり、それによって取り扱いや制限が生じる場合があります。

そこで今回は、そんな複雑なリハビリについて紐解き、解説していきたいと思います。

リハビリテーションの概要

そもそも、リハビリとはどのようなものを指すのでしょうか?まずはリハビリのあらましについておさらいしておきましょう。

リハビリテーションの種類

リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)+ habilis(適した)、すなわち「再び適した状態になること」と直訳することができます。

物理的な身体機能の回復だけではなく、生活機能や生活行為全てにおいて様々な視点での回復・権利の復権を目指すための活動とも言い換えることができます。

介護保険で実施されるリハビリとは、定義上あくまで医療との連携の元で医師の管理下において実施されるものをリハビリテーションと表現しています。

そのため、主治医の判断を必要としないデイサービスや特別養護老人ホーム等で実施される機能訓練に関してはリハビリとは言いません。

それに対して訪問リハビリや通所リハビリ(デイケア)は、医師の指示に基づいて実施される介護サービスなのです。

一方、その言葉から連想されるとおり医療保険においてもリハビリが提供されます。

詳しくは後述しますが、病気や怪我の後遺症からの回復を目指す回復期リハビリテーションを医療保険、その後の心身機能維持を目的とした維持期リハビリテーションの役割を担っているのが介護保健サービスで提供されるリハビリです。

リハビリテーションに関わる職種(資格)

リハビリテーションは医療行為の一環として行われるため、当然ながら医師の指示を必要とします。

その医師からの処方を受けて、リハ専門職である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が中心となります。

また、看護師や准看護師がさらにリハ専門職の指導の元でリハビリを補助する場合があります。

医療系有資格者以外にも、特に介護保険におけるリハビリテーションでは、リハビリ専門職を補佐したりチームで関わるという点で介護福祉士や生活相談員が関わってきます。

また、介護施設には機能訓練指導員という職名で柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師などもチームに加わります。

  • 理学療法士とは
  • 怪我や病気などで身体に障害がある人や生涯の発生が予測される人に対して、基本的動作の回復や維持、及び悪化の予防を目的に運動療法や物理療法(温熱、電機などの物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて自立した日常生活が遅れるよう支援する職種です。

  • 作業療法士とは
  • 日常生活をスムーズに送るための応用的動作「顔を洗う」「字を書く」「メールを送る」等のリハビリを実施します。

    理学療法士が身体の大きな動きのリハを行うのに対して、作業療法士は手の動作や指の細かい動作のリハビリを行います。

  • 言語聴覚士とは
  • 音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため言語訓練その他の訓練等を行います。

    具体的には聴力や音声機能、言語機能の検査及び訓練や助言だけでなく、摂食や嚥下障害の問題にも専門的に対応しています。

介護保険で行われるリハビリテーション

まずは介護保険において実施されるリハビリについて詳しく見ていきましょう。

介護保険のリハビリで目指すところ

先にご紹介しました通り、介護保険において実施されるリハビリとは機能維持を目的としたものになります。

維持期・生活期におけるリハビリテーションが対象となります。

心身機能、日常生活動作、活動・参加能力の維持向上が主な目的となり、後述する医療保険でのリハビリにはない、生活の質(QOL)の維持向上を目指している点も重要です。

リハビリテーションの内容

リハビリ専門職だけではなく、他職種によって構成されるチームアプローチによる生活機能の維持向上、自立した生活の推進、介護負担の軽減、生活の質の向上を目指したリハビリといった内容が中心になります。

リハビリテーションが行われる場所

介護保険でのリハビリが提供される場所は、病院や医院が開設する通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションが中心です。

また、訪問看護の一環として訪問看護ステーションに所属するリハビリ専門職から提供されるリハビリもあります。

施設系の場合は、介護老人保健施設という在宅復帰を目指して入所し集中的にリハビリテーションを受ける施設があります。

医療保険で行われるリハビリテーション

医療保険におけるリハビリテーションは、通常介護保険にて提供されるリハビリテーションの前に実施され、後に介護保険へとバトンタッチするまでの役割を担っています。

医療保険で行われるリハビリで目指すところ

主に受傷や病気に罹患した直後から治療中、治療後の急性期・回復期におけるリハビリを担っています。

心身機能の改善、日常生活動作の向上、活動・参加能力の再建をを目的としており、QOLの向上というよりは心身機能の回復や向上に重きをおいたリハビリを行います。

リハビリテーションの内容

急性期においては早期離床・早期のリハビリによる廃用症候群の予防を目指したリハビリが中心です。

また回復期においては集中的なリハビリにより機能回復・日常生活動作の機能回復や向上を目的としたリハビリが行われます。

医療保険におけるリハビリでは、その原因である怪我や病気に応じて医療保険でリハビリができる日数が定められており、90~150日程度となっています。

そこまでに回復期リハビリを終え、介護保険の維持期・生活期リハビリへと移行することになります。

リハビリテーションが行われる場所

医療保険によるリハビリが提供される場所は、入院先のリハビリルームや外来となります。

この点で言えば、同じ病院において実施されるリハビリでも単純に診療からの流れとして行われるか、介護保険サービスとして行われるかの違いになります。

まとめ

リハビリテーションとは、単純に心身機能の改善を目指すだけでなく、その活動参加能力や生活の質といった視点での様々な訓練が行われます。

医師の指示の元、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を中心に状況に応じて看護師・准看護師・介護福祉士などがそれをチームで支援していきます。

医療保険でのリハビリは急性期・回復期といった心身機能の回復向上を目的として受診先で行われ、日数に制限があります。

それに対し介護保険では通所リハビリ・訪問リハビリ・訪問看護などの医療系介護サービスや在宅復帰を目指して入所し集中的にリハビリを行う介護老人保健施設において提供されており、維持期・生活期における社会参加に関する能力や生活の質の維持向上に主眼をおいたリハビリになります。

一見区別が付かない医療・介護分野のリハビリ内容や役割分担ですが、しっかり整理して有効に使い分けていく必要がありそうですね。

-介護保険, リハビリ

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.