介護保険

介護保険における要支援(介護予防)で利用できるサービス内容を大公開!

更新日:


介護保険の要介護認定には要介護と要支援があります。

要支援の方は介護保険では軽度者にあたりますが、要介護の方が利用できるようなサービスは、要支援の方は利用できないのでしょうか?

この記事では要支援の方が利用できるサービスについて、詳しく解説します。

介護予防とは


介護予防とは、要支援認定(要支援1〜2)を受けた介護保険被保険者に対し、要介護状態になることを防いだり、悪化することを防ぎ、改善を図るための支援です。

平成18年の介護保険法改正に伴い、運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上等が導入されました。

市町村が設置する地域包括支援センターがそのマネジメントを行います。

その① 介護予防の目的

介護予防は、65歳以上の高齢者が「要介護状態になることを極力遅らせること」または「要介護状態になるのを未然に防ぐこと」、そして「すでに介護が必要な場合は、状態が悪化しないよう努め、改善を図ること」を目的としています。

介護予防サービス内容


介護予防サービスは、高齢者が、もともと住み慣れた地域環境で自立した生活を継続していけるように支援するサービスです。

できる限りのことを自力でこなせることが前提のため、居宅(在宅)での生活支援が中心です。

介護予防サービスの対象者は、要支援認定1~2の高齢者です。

また、事前に地域包括支援センターなどに紹介された介護支援専門員(ケアマネジャー)に相談しながらケアプラン(介護予防サービス計画)を作成し、そのケアプランに沿ったプログラムを推進していくという流れでサービスを利用します。

主な介護予防サービスには、以下のようなものがあります。

その① 介護予防通所介護

高齢者向けデイサービスセンターなどに日帰りで通い、食事や入浴、排泄など日常生活に必要な支援を受け、体操やレクリエーションを行います。

そのように心身機能の維持や向上を図ることで、個々の利用者の能力に応じたライフスタイルの実現をサポートします。

その② 介護予防通所リハビリテーション

病院や介護老人保健施設といった施設で、理学療法や作業療法などのリハビリテーションを行い、利用者が自立した日常生活を送れるよう、心身機能の維持と回復を促します。

具体的なサービス内容には、筋力や体力の維持・関節拘縮(こうしゅく)予防・自主トレーニング指導・歩行練習・基本動作や日常生活動作訓練などがあります。

その③ 介護予防訪問介護

利用者の居宅を訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問し、家事などを行うサービスです。

個々の利用者の能力に応じた形で必要なサービスを提供し、なるべく利用者が自立した生活を送れるよう支援します。

主なサービス内容は、食事や入浴の介助、排泄介助、掃除、洗濯、調理などです。

生活の質の向上に関わるアドバイスなども行います。

地域密着型介護予防サービス内容


地域密着型介護予防サービスは、介護予防サービスと同じく、住み慣れた地域環境の中で、自立した生活を継続していけるよう支援します。

「地域密着型介護予防サービスを利用できるのはその地域の住民だけ」というのが一つの特徴です。

地域密着型介護予防サービスの対象者は、要支援認定1~2の高齢者です。

介護予防サービスと同様、ケアマネジャーに相談しながらケアプランを作成し、その内容に沿って必要なサービスを受けます。

地域密着型介護予防サービスには、大きく分けて以下の2つがあります。

その① 介護予防小規模多機能型居宅介護

日帰りの通所サービスが軸となっていますが、利用者の心身の状況や希望に応じて、訪問や短期入所を適切な形で組み合わせ、日常生活をする上での世話や機能訓練なども行います。

主なサービスは、食事や入浴の介助、排泄介助、掃除、洗濯、調理、健康管理、リハビリテーションなど。生活における相談を受け、適切なアドバイスを行うこともあります。

その② 介護予防認知症対応型サービス

認知症対応型サービスには、以下の2種類があります。

1)介護予防認知症対応型通所介護
高齢者向けデイサービスセンターなどにおいて、軽度の認知症を持つ利用者に対し、食事や入浴、排泄などの介護、健康管理、リハビリテーション、また生活に関わる助言なども行います。

2)介護予防認知症対応型共同生活介護
5~9人と少人数が共同生活をする住居で、食事や入浴の介助・排泄介助・リハビリテーションなどを行います。

アットホームで落ち着いた雰囲気をつくり出すことで、その効果を高めようという狙いもあります。

要支援2の人のみが利用可能です(要支援1の人は、原則対象外)。

地域支援型の予防サービス内容


地域支援型の予防サービスは、市町村が主体となって実施するサービスです。

介護度が上がるのを予防しながら、住み慣れた地域環境の中で自立した日常生活を続けられるように支援します。

地域支援型の予防サービスは、要支援・要介護認定を受けていない全ての65歳以上の高齢者、または要支援認定1~2の高齢者を対象としています。

地域支援型の予防サービスには、対象者別に大きく2つの種類があります。

1つは「介護予防特定高齢者施策」、もう1つは「介護予防一般高齢者施策」で、市区町村が状況に応じて提供するサービスです。

両者を合わせて「介護予防ケアマネジメント」とも呼びます。

その① 介護予防特定高齢者施策

今後、要介護や要支援になり得る可能性があると判断され、市区町村に「特定高齢者」と認められた65歳以上の高齢者を対象とした介護予防事業です。

地域包括支援センターなどで「介護予防ケアプラン」の作成を依頼すれば、介護予防特定高齢者施策のサービスを受けることができます。

訪問型と通所型があり、訪問型サービスの場合は、ホームヘルパーによる生活援助のほか、看護師・保健師による生活指導や栄養改善、また高齢者向けの食事の宅配や見守りなどを行います。

通所型の場合、市区町村から委託された病院などの医療法人や保健所、社会福祉法人、高齢者在宅サービスセンターといった公共団体が、介護予防に関する講義を開催することもあります。

その② 介護予防一般高齢者施策

介護保険を利用していない健康な高齢者を含め、65歳以上の全高齢者を対象とした介護予防事業です。

主に、それぞれの地域における介護予防活動の支援や、介護予防の普及・啓発を行っています。

介護予防活動の支援では、健康セミナーや研修会、認知症予防講演会、栄養講座、会食親睦会などを開催したり、ウォーキングや絵画・料理教室の実施、ボランティアへの支援を行ったりします。

また、介護予防の普及や啓発については、介護予防の認知度の向上や基本的な知識の普及を促し、それぞれの地域における自主的な介護予防活動の支援を行います。

具体的には、事業展開している団体メンバーによる予防パンフレットの配布や地域のイベントへの参加、講演会の実施、介護予防手帳の交付などが挙げられます。

まとめ


この記事では、要支援の方が利用できる介護予防について、詳しく解説しました。以下にこの記事の内容についてまとめます。

  • 介護予防とは、要支援認定を受けた方に対し、要介護状態の軽減、悪化の防止を図るための支援です。平成18年の介護保険法改正に伴い、運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上等が導入され、市町村が設置する地域包括支援センターがそのマネジメントを行います。
  • 介護予防サービス、地域密着型介護予防サービスの対象者は、要支援認定1~2の高齢者であり、事前にケアマネージャーにケアプランを作成してもらう必要があります。
  • 介護予防サービスには介護予防通所介護、介護予防通所リハビリテーション、介護予防訪問介護などがあり、地域密着型介護予防サービスには、介護予防小規模多機能型居宅介護、介護予防認知症対応型サービスがあります。
  • 地域支援型の予防サービスは市町村が主体となって実施するサービスであり、要支援・要介護認定を受けていない全ての65歳以上の高齢者、または要支援認定1~2の高齢者を対象としています。
  • 地域支援型の予防サービスには、特定高齢者を対象とした「介護予防特定高齢者施策」、全高齢者を対象とした「介護予防一般高齢者施策」があります。両者を合わせて「介護予防ケアマネジメント」とも呼びます。

高齢者がますます増えるこれからの時代、その高齢者の方たちが要介護の状態にならないよう、また今以上に介護が必要とならないため、介護予防はとても重要な対策です。

しかしまだその存在はそれほど認知されていないのが現状です。

高齢の両親がいる人や、自分の老後について考えている人は、ぜひ積極的に介護予防サービスを活用してみましょう。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.