介護保険

介護保険の要支援が利用する通所介護で出来る事は?通院介助はどうなる?

更新日:


介護が必要になっても、住み慣れた自宅でその人らしい生活を続けるために、介護のプロが自宅を訪れ、高齢者の暮らしをサポートするのが訪問介護です。

この記事では訪問介護について解説します。

そもそも訪問介護って何だろう?


訪問介護とは、自分や家族だけで日常生活を営むことが難しくなった要介護者に対して、介護の資格を持った訪問介護員(ホームヘルパー)が、利用者の自宅で、入浴、排泄、食事等の介護、掃除、洗濯、調理等の援助、通院時の外出移動サポート等を行う介護保険サービスです。

訪問介護を利用できるのは、居宅で生活を送る、「要介護」と認定された人です。

ここでいう「居宅」には、自宅のほか軽費老人ホームや有料老人ホームなどの居室も含みます。

また、在宅の高齢者が受けられるサービスには、訪問介護の他に訪問看護、訪問リハビリ、居宅療養管理指導などがあり、訪問介護員(ホームヘルパー)、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医師など様々な職種が関わります。

それぞれがばらばらにサービスを提供するのではなく、ケアマネジャーを中心に連携を取り合い、多職種によるチームとして高齢者を支えます。

その① 利用の目的

利用者が自宅にいても自立した日常生活を送れるように生活を支援することが目的です。

家事代行サービスとは違い、本人ができないことを支援します。例えば、「立ってできるキッチンの流し周辺の掃除はできるけど、そのほかの場所は難しい」という方の場合、できる場所の掃除は利用者が継続し、訪問介護員(ホームヘルパー)はそれ以外の場所を掃除します。

本人ができなくなったことを、家族だけで助けるのは大変です。

訪問介護を利用すれば、一人暮らしの方でも安心して生活が続けられますし、ご家族の精神的・身体的・時間的な負担の軽減につながります。

その② 支援してくれる人

訪問介護を行うには、「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」「介護福祉士実務者研修(旧ヘルパー1級)」「介護職員基礎研修課程修了者」などや国家資格である「介護福祉士」といった資格が必要です。

介護の入門資格である「介護職員初任者研修」でも、資格取得までに受ける研修時間は130時間もあります。

訪問介護員(ホームヘルパー)として活動しているのは、介護についての基本的な知識やスキルを身に着けた人々です。

その③ 利用までの流れ

訪問介護の利用までの流れについて説明します。

1)居住地域の市区町村で要介護認定の申請を行い、要介護度の通知を受けます。

要支援1〜2の認定を受けている場合は、介護保険の対象外となりますが、各市区町村が提供している総合事業の訪問型サービスを受けられます。

要介護1〜5の認定を受けた場合は、訪問介護を受けられます。

2)「ケアプラン」を作成します。

要支援1~2の場合は、地域包括支援センターに相談しながら介護予防サービス計画書を作成します。

要介護1~5の場合は、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)に依頼します。居宅介護支援事業者から依頼を受けた介護支援専門員が、被介護者本人やその家族の希望などを聞き、また被介護者の状態を確認・考慮しながら、最適なケアプランを作成していきます。

3)作成されたケアプランをもとに、介護サービス事業者と契約を交わし、サービスの利用を開始します。

訪問介護の種類


訪問介護のサービスの種類は、大きく分けて「身体介護」、「生活援助」、「通院等乗降介助」の3種類があります。

それぞれについて、以下に説明します。

その① 身体介護

身体介護とは、介護職員が家庭を訪問して、被介護者の身体に直接触れながら行う介護サービスです。

具体的には、食事中の手伝いや見守りを行う「食事介助」、お風呂に入る際の手助けや洗髪、身体の清拭の世話をする「入浴介助」、車椅子や車への乗り降りなどの手伝いを行う「移乗介助」、おむつ交換などの「排泄介助」、床ずれ(褥瘡)予防や防止のために体位を変える「体位変換」などが挙げられます。

その他にも、「衣類着脱介助」「散歩補助」「口腔洗浄」など、被介護者の身体や精神状態に対応したケアを行います。

その② 生活援助

生活援助とは、被介護者が一人暮らしであったり、家族や本人が何らかの理由で家事を行えなかったりする場合に、必要な身の回りの世話をしながら日常生活をサポートするサービスです。

具体的には、食事の準備(調理・配膳など)、掃除・洗濯・ゴミ出し、日用品などの買い物代行、服の補修、部屋の片づけ・整理整頓などが挙げられます。

しかし、訪問介護は家事代行ではないため、他の家族の部屋掃除やペットの散歩、来訪者への接客など、被介護者以外の人に向けての世話は対象に含まれません。

その③ 通院介助や付き添い

通院介助や付き添いに関しては、公共交通機関を利用して屋外の移動を介助する場合は、身体介護に含まれます。

一方で、「介護タクシー」と呼ばれる送迎を行うサービスは「通院等乗降介助」のことです。

通院等乗降介助とは、訪問介護事業者の介護職員資格を持つ運転手による送迎を受けられるサービスで、車への乗降介助や移動介助なども含まれます。

介護タクシーは要介護1以上の被介護者が対象で、介護保険が適用されます。

介護タクシーは、どこへ移動する際にも利用できるわけではなく、公的機関や金融機関での手続き、通院、日常生活に必要な買い物など、限られた用途のみに適用されます。

通院等乗降介助の利用を希望するのであれば、あらかじめケアプランに組み込んでおく必要があるので、担当のケアマネジャーに相談しましょう。

まとめ


この記事では訪問介護について、詳しく解説しました。

以下にこの記事の内容についてまとめます。

  • 訪問介護とは、介護の資格を持った訪問介護員が、利用者の自宅で、入浴、排泄、食事等の介護、掃除、洗濯、調理等の援助、通院時の外出移動サポート等を行う介護保険サービスです。利用者が自宅にいても自立した日常生活を送れるように生活を支援することが目的です。
  • 訪問介護を利用するためには、要介護認定の申請を行い、要介護の通知を受け、ケアマネージャーにケアプランを作成してもらう必要があります。ケアプランをもとに、介護サービス事業者と契約を交わし、サービスの利用を開始します。
  • 訪問介護のサービスは、被介護者の身体に直接触れて行う「身体介護」、身の回りの世話を行い日常生活をサポートする「生活援助」、介護タクシーと呼ばれる送迎を行う「通院等乗降介助」の3種類があります。

介護が必要な方を支える家族にとって、すべての介護を自力でこなすのは大変な負担です。

訪問介護サービスを上手に利用すれば、介護をする家族の負担は軽減されます。

また訪問介護は住み慣れた自宅で介護サービスを受けられるという、介護を受ける側にもメリットがあります。

訪問介護を取り入れることで、介護する側もされる側も、ストレスを軽減することができます。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.