介護サービス その他

合格率を高める介護支援専門員の勉強方法とは?記憶の定着を意識して

投稿日:

合格率を高める介護支援専門員の勉強方法とは?記憶の定着を意識して

介護支援専門員の資格試験に合格するには、相当量の学習が必要になります。

仕事との兼ね合いによっては、学習を長期間続けることになるでしょう。

今回はケアマネージャーの資格試験を受験する上での、心構えや勉強法などを解説していきます。

介護支援専門員の資格試験について、興味がある方は参考になさってください。

介護支援専門員を受験するための心構え

介護支援専門員を受験するための心構え

はじめにケアマネージャーの試験を受験するために必要な、心構えに関して解説していきます。

心構え一つで学習への取り組み方が変わりますので、気持ちを引き締めて試験勉強を進めましょう。

その① 中途半端な気持ちで受験しない

ケアマネ試験を受験するための心構えの1つ目は、中途半端な気持ちで受験しないことです。

介護支援専門員の資格試験を合格するには、多くの勉強時間を確保しなければなりません。

仕事や家事、趣味に忙しく、毎日の生活で時間に余裕がないという方もいることでしょう。

しかし気持ちが中途半端だと、仕事や家事を理由に勉強の時間を確保できず、ケアマネ試験の合格が遠のいてしまいます。

どうしてケアマネの資格が取りたいかを考えれば、自然と試験勉強の優先順位が高くなり、勉強時間の確保へとつながります。

その② 合格のために何かを犠牲する覚悟で

2つ目の心構えは、合格のために何かを犠牲にする覚悟を持つことです。

1日のうち、勉強に費やせる時間は限られているため、日頃の趣味や家事の時間を減らさなければなりません。

家族の協力が得られるのであれば、ケアマネの資格試験を受験する旨を伝え、日頃の家事を肩代わりしてもらうことをおすすめします。

勉強前と比較し、趣味や家事の時間を犠牲にする必要はあるものの、健康を損なってまで試験勉強をする必要はありません。

健康でなければ充実した生活を送れないだけでなく、ベストなコンディションで試験当日を迎えることは不可能です。

生活スタイルと相談し、無理のない範囲で試験勉強の時間を確保するようにしましょう。

その③ 受験者の全員がライバル

3つ目の心構えは、受験者の全員がライバルであると心に留めておくことです。

介護支援専門員の資格試験は、正答率が70%以上であることが合格の基準となっており、合格者の定員がある資格試験ではありません。

しかしライバル意識が生まれれば、向上心につながります。

身近な方に、同じタイミングで介護支援専門員の資格試験を受ける人がいるのであれば、ライバルとして競い合い、情報交換をして共に合格を目指しましょう。

以上が介護支援専門員の資格試験を受験する上での、心構えについてです。

次の項目からは具体的な勉強法に関して、解説していきます。

インプットとアウトプットを繰り返す

インプットとアウトプットを繰り返す

介護支援専門員に限らず、資格試験の勉強法として有効なのが、インプットとアウトプットを繰り返す手法です。

インプットとは参考書・テキストを読み、出題範囲を理解することとなっています。

対してアウトプットは問題集を解き、インプットで学習した内容を確認することです。

学習内容をアウトプットしたのち、習熟度が足りてない箇所は再度参考書・テキストを読み、出題範囲の理解に努めましょう。

インプット→アウトプット→インプット→・・・を繰り返し、学習を進めていく手法をおすすめします。

記憶の定着を意識する

記憶の定着を意識する

インプット→アウトプットを繰り返していけば、学習内容が定着していきます。

しかしある程度、学習を進めていくと記憶違いや読み違いを起こし、間違った内容で出題範囲を理解してしまうかもしれません。

そこで参考書を読み進めているときや、問題集を解いているときにわからない用語・問題に遭遇したら、その内容を再確認し、記憶の定着を意識しながら学習を進めましょう。

過去問の上手な活用方法

過去問の上手な活用方法

つづいて過去問の上手な活用方法について、解説していきます。

ケアマネージャーの資格試験も、過去問を効果的に活用するのが合格への近道です。

その① 傾向を知る

1つ目の活用方法は、問題の傾向を知ることです。

過去問を数年分解くと、出題傾向を理解できていきます。

というのも過去問には似通った問題があり、それらの問題が再度出題される可能性があるためです。

確実に点数を取るためにも、過去問集に出題頻度が高い問題は、解き方を押さえておきましょう。

その② 理解できていない部分を知る

2つ目の活用方法は、理解できていない部分を知ることです。

過去問は理解できていない部分を知るのに、適したツールとなっています。

過去問を解いていると、同じ個所で間違うケースが見受けられます。

この場合、回答を導き出す上で必要な知識が身についていないことが考えられます。

理解できていない部分があったら、問題集を解くアウトプットではなく、テキスト・参考書を読み進めるインプットに戻り、学習を続けるとよいです。

その③ 時間配分を知る

3つ目が時間配分を知ることです。

原則的に介護支援専門員の資格試験は120分で、計60問を解かなければなりません。

問題の配分は介護支援分野が25問、保健医療福祉サービス分野が35問です。

ある程度、インプットとアウトプットの学習が完了したら、特定の年の過去問を一度通して、全問解いてみることをおすすめします。

その際には開始時間と終了時間だけでなく、一定時間でどの程度解けたかのチェックをし、時間配分が適切かを確認するとよいでしょう。

アラームをセットし、30分や1時間などの切りのいい時間が経過した時点を音で確認できれば、より時間配分について理解が深められます。

以上が過去問の活用方法についてです。

次の項目ではいわゆる「捨て問」に関して、解説していきます。

『捨て問題』を考える

『捨て問題』を考える

資格試験を解く上で、必要に応じて問題を解かない選択が求められます。

いわゆる『捨て問』について、あらかじめ自分で考えをまとめておくことで、すべての問題に目を通せなかったという事態を避けることにつながります。

その① 100%の理解は必要ない

ケアマネの試験に合格するには、正答率が70%を超えればよいため、出題範囲を100%理解する必要はありません。

試験日までに確保できる勉強時間と相談し、理解が難しい問題については後回しにする決断も必要です。

この難しい問題がいわゆる「捨て問題」となります。

その② 出題率の高いものから覚える

捨て問題を考える際、理解できないからといって多くの問題への理解を後回しにしてしまうと、合格点に届かない可能性があります。

捨て問題を判断する際の材料として、出題率に着目するのがおすすめです。

前の項目でも解説しましたが、出題の頻度が高い問題が存在します。

それらの問題から覚えることにより、点数の底上げが期待できるでしょう。

最短で合格する方法

最短で合格する方法

さいごに最短で合格する方法について、解説していきます。

その① 問題数をこなすのではなく確実に自分のものにする

1つ目の最短で合格する方法は、問題数をこなすのではなく確実に自分のものにすることです。

試験勉強をしていると、問題への理解を深めるのではなく、問題集を解くことが目的となってしまうケースが見受けられます。

複数の問題集を買い集め、一通り取り掛かるのではなく、1冊の問題集を何回も解く方法で学習を進めるのをおすすめします。

複数回問題を解き、問題集に記載された内容を自分のものにしたいところです。

その② 解けなかった問題は理解するまで繰り返す

2つ目は解けなかった問題を、理解するまで繰り返し解き続けることです。

解けない問題に取り組みつづけるのは、人によってはストレスを感じるかもしれません。

しかしそこは試験勉強の踏ん張りどころとして、理解するまで繰り返し学習を続けましょう。

もし問題集の解説がわかりにくいのであれば、インターネットや他のテキストを活用し、解けなかった問題に取り組みたいところです。

その③ 時間配分も意識する

3つ目の最短で合格する方法は、時間配分も意識することです。

本試験間近になったら、試験当日と同じ時間で過去問を一通り解いてみるのも選択肢の一つとなっています。

試験当日と同じ時間帯で過去問を一通り解くことにより、より時間配分を意識することが可能です。

120分ぎりぎりで全問解き終わるのではなく、間違い直しや解答内容の確認も含めて、余裕を持って問題が解き終わる程度には、学習を進めましょう。

まとめ

まとめ

介護支援専門員の資格試験を受験する上での心構えや、インプット・アウトプットを繰り返す勉強法などを解説してきました。

介護支援専門員の資格試験の勉強法について、理解を深められたのはないでしょうか。

合格率を高める介護支援専門員の勉強方法とは?記憶の定着を意識してをまとめると

  • 合格するという強い気持ちを確認し、介護支援専門員の資格試験を受験する
  • インプット、アウトプットを繰り返し、試験問題に関する知識を定着させる
  • 複数の問題集を一通り解くのではなく、1つの問題集を繰り返して学習するのが、上手な過去問の活用方法である

ということがあります。

ライフスタイルによっては仕事や家事で毎日が忙しく、勉強時間を確保するのが難しいかもしれません。

時間がない方であっても、どうしてケアマネの資格を取得したいのかを自分の中で再確認し、資格試験の学習に取り組みましょう。

-介護サービス, その他

Copyright© たのしい介護 , 2022 All Rights Reserved.