介護保険

介護保険におけるショートステイの料金やサービス内容は?利用条件はあるの?

更新日:


ショートステイは、短期的に施設に入所し介護・支援が受けられるサービスであり、一時的に在宅介護が難しいときに便利なサービスです。

利用料金がいくらぐらいかかるのか、どのようなサービス内容なのかなど、ショートステイの気になる詳細を解説します。

そもそもショートステイ(短期入所生活介護)とは


ショートステイには大きく分けて3つあります。

比較的状態が安定している方が利用する「(介護予防)短期入所生活介護」と医学的管理が必要な方が利用する「(介護予防)短期入所療養介護」の2つは介護保険が適用されます。

また、介護保険が適用されない、有料老人ホームが提供するショートステイ(有料ショートステイ)もあります。

ここではショートステイの中でも比較的利用される方の多い「短期入所生活介護」について説明します。

「短期入所生活介護」とは、介護保険サービスの居宅サービスの中の一つで、介護の必要な方が施設に短期間入所し、食事や入浴といった日常生活の介護や機能訓練などを受けることのできるサービスです。

自宅介護中のご家族の病気、休養、冠婚葬祭などの諸事情により、介護が一時的に困難になった場合に短期間施設へ入所することができます。

その① サービスの内容

ショートステイ(短期入所生活介護)では、食事や入浴、排泄などの日常生活の介護や機能訓練などのサービスを受けることができます。

ショートステイでは管理栄養士が考案した栄養バランスに配慮した食事が提供されます。

また、糖尿病や腎臓病などの病気の方や、飲み込みの悪い方などは、その方の状態に合わせた治療食や嚥下食などが提供されます。

一人で食事ができない方には、介護士が食事介助をしてくれます。

一般浴槽のほかにもリフトやストレッチャーを設置した浴槽もあり、座ったまま、寝たままの姿勢で入浴することができます。

入浴介助が必要な方は、介護士の介助を受けながら入浴することができます。

トイレは車椅子対応になっており、手すりなども設置された環境です。

一人で排泄動作ができない方には、介護士が排泄の支援や介助を行います。

オムツを使用している方は、定期的にオムツ交換の介助をしてくれます。

その② サービスを受けられる人(利用条件)

短期入所生活介護は介護保険適用のサービスのため、介護保険の要支援1〜2・要介護1〜5の認定を受けている方が利用できます。

自立(非該当)の方は短期入所生活介護を利用することができません。

有料老人ホームなどで提供される介護保険適用外のショートステイ(有料ショートステイ等)はホームによって条件が違いますが、自立(非該当)の方も利用できるところもあります。

その③ リハビリはしてくれるのか

日常生活の介護以外にも、レクリエーションや機能訓練などのリハビリのサービスもあります。

レクリエーションは季節に合わせた歌やゲームを行ったり、体操などの運動や手芸などの手作業を行うことが多いです。

施設によって違いますが、理学療法士等の機能訓練指導員が配置されている場合は、機能訓練指導員からの専門的で個別的なリハビリを受けることもできます。

その④ 料金はどれぐらいか

ここでは利用されることの多い、特別養護老人ホームでの短期入所生活介護の料金について説明します。

ショートステイの費用の内訳には、基本料金(介護サービス費)、特別サービスを利用する際の加算分、食費・居住費など介護保険外の自費負担分があります。

基本料金は介護保険が適用され、1〜3割の自己負担になります。

基本料金は、同じ短期入所生活介護でも、居室の種類(多床室、従来型個室、ユニット型個室等)や介護度で費用が変わります。

以下の表にショートステイの一日あたりの基本料金についてまとめました。

これは自己負担が1割の場合の金額であり、一定の所得がある方は自己負担2割~3割となり、表の2~3倍の金額になります。

従来型個室 多床室 ユニット型個室 ユニット型的多床室
要支援1 437円/日 437円/日 512円/日
要支援2 543円/日 543円/日 636円/日
要介護1 584円/日 584円/日 682円/日
要介護2 652円/日 652円/日 749円/日
要介護3 722円/日 722円/日 822円/日
要介護4 790円/日 790円/日 889円/日
要介護5 856円/日 856円/日 956円/日

この表の基本料金に、特別サービスを利用する際の加算分、食費・居住費を加えたものが利用料金となります。

多床室で要介護3の方の場合、利用料金は1日あたり3,402円、1ヶ月あたり102,060円となります。

ショートステイのメリット&デメリット


ショートステイは在宅介護を行っている人にとって、とても便利なサービスです。

しかしショートステイにもメリット、デメリットがあります。

その① メリット

ショートステイの一番のメリットは、介護を行う家族が一時的に介護から離れ、介護の負担が軽減されることです。

これは「レスパイト・ケア」と言い、介護にあたる家族が、一時的に介護から解放されるよう、代理の機関や公的サービスなどが一時的に高齢者の介護を行い、家族に休息をとってもらうようにするための措置のことです。

介護者が休息を取り、日々の介護によるストレスを解消することは、在宅介護を続けるためにも大切です。

また、仕事をしながら介護をしている人もショートステイを利用すれば、平日は仕事に出かけ、休みの日は自宅で介護ができるようになります。

その② デメリット

ショートステイのデメリットは、利用を希望している介護者が多く、予約が取りづらいという点です。

普段は自宅で介護をしていても、急な用事でショートステイが必要になったときに、予約がいっぱいで利用できない場合もあります。

あらかじめいくつかの施設に目星をつけておくと良いです。

また、ショートステイでの生活は、利用する高齢者には環境が大きく変わり、ストレスや不安を感じ、認知症の人の場合は症状が進行してしまう可能性もあります。

長期滞在する施設とは違って、特定の友人を作りづらいという傾向もあります。

その③ ショートステイを利用する方法や流れ

ショートステイを利用する場合の流れについて説明します。

1) ケアマネジャーにショートステイ利用について相談
ショートステイを利用したい場合は、まずはケアマネージャーに相談します。

利用目的、いつ、どのくらいの期間を利用したいのかなどの希望を伝え、ご本人の状況に合ったサービス提供事業者を探してもらいます。

2) ケアマネジャーが利用申し込み
利用を決めたら、ケアマネジャーはご本人に関する介護・医療情報を事業者に伝え、居室の空き状況、受け入れ可否を確認して申し込みます。

3) ケアプラン作成
事業者が決まったら、ケアマネジャーが先方の担当者と一緒にケアプランを作成します。

ショートステイを利用することで支給限度額が超えてしまうようなら、予算を考えながら他のサービスを調整します。

4) 契約、サービス利用開始
ケアプランが決まったら、事業者と契約してサービス利用開始となります。

自分にあったショートステイを探す方法


ショートステイを行っている施設はたくさんあります。

それぞれの施設によって特徴や雰囲気が違うものです。

ショートステイを利用したら身体状況が悪化してしまった、スタッフの対応が気に入らなかったなどの問題もあります。

自分にあったショートステイを利用するためには、適切に施設を選ぶ必要があります。

以下に施設を選ぶ際のポイントについて説明します。

その① 実際に足を運んで雰囲気を見る(見学)

パンフレットやホームページで施設の情報を見ても、実際の施設の雰囲気などは、足を運んで見学してみないとわかりません。

自分の目で見てみることが大切です。以下に見学の際のポイントをまとめました。

1) 入所者の表情

  • 笑顔や安心したような表情が見られるか

2) 食事介助

  • 1人のスタッフが何人もの食事介助を1度にしていないか
  • 食べているペースを無視して食べさせたりしていないか

3) レクリエーション

  • 行われている頻度
  • 参加を嫌がる人への対応(無理強いはしていないか)
  • 誘導方法(無理強いにならない程度に、参加誘導の努力はしているか)

4) スタッフ

  • 言葉遣いや挨拶(施設の教育レベルはどうか)
  • スタッフ同士のコミュニケーション(職種連携が取れているか)

5) 建物や部屋の清掃状況

  • 清潔感(衛生管理)
  • 整理整頓(転倒などのリスク意識)
  • 臭い(汚物処理への対応)

その② 口コミで情報をあつめる

最近はインターネットで検索すると、介護施設の口コミサイトなども存在します。

そのようなサイトで口コミ情報を集めるのも良いでしょう。

また、近所の人などで介護施設へ入所している家族がいる方などに、直接その施設の口コミを聞いても良いと思います。

その③ 担当ケアマネジャーから情報を集める

担当ケアマネージャーはその地域のショートステイのことに関しては知識があります。

検討している候補の施設がある場合、それをケアマネージャーに伝えると、それぞれの特徴などについて教えてくれると思います。

ショートステイの利用をする際には、ケアマネージャーを通さないといけないため、まずは担当ケアマネージャーに相談することは良いと思います。

まとめ


この記事ではショートステイについて詳しく解説しました。

以下にこの記事の内容についてまとめます。

  • ショートステイ(短期入所生活介護)とは、介護保険サービスの居宅サービスの中の一つで、介護の必要な方が施設に短期間入所し、食事や入浴といった日常生活の介護や機能訓練などを受けることのできるサービスです。要支援・介護認定を受けている方が利用できます。
  • ショートステイの費用には、基本料金(介護サービス費)、特別サービスを利用する際の加算分、食費・居住費など介護保険外の自費負担分があります。多床室で要介護3の方の場合、利用料金は1ヶ月あたり10万円ほどです。
  • ショートステイのメリットは「レスパイト・ケア」であり、介護にあたる家族が一時的に介護から解放され、休息をとってもらえることです。
  • ショートステイを利用するまでの流れは、①ケアマネジャーに相談、②利用申し込み、③ケアプラン作成、④ 契約、サービス利用開始となります。自分に合ったショートステイを探すには、見学をして実際の雰囲気を見ることや、口コミや担当ケアマネージャーから情報を集めることが大切です。

在宅介護をしている人の中には、短期間でも施設に預けることに対して罪悪感を覚えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、介護している人やその家族が一時的にでも介護から離れ、休息を取ることは悪いことではありません。

在宅介護を続けていく上では、ショートステイの力を借りることも大切です。

事前予約が必要であり、人気の施設の場合は予約を取ることも難しいです。

いざというときに困らないためにも、担当ケアマネージャーと相談し、選択肢の一つとして検討しておくと良いでしょう。

-介護保険

Copyright© たのしい介護 , 2020 All Rights Reserved.